Audiofly_AF1120

ローランドは、Audioflyブランドのユニバーサルタイプのイヤホンとして、バランスド・アーマチュア(BA)6ドライバー搭載の「AF1120」を3月25日より発売。オープン価格で実売72000円程度。

片側にBAユニットを低域×2、中域×2、高域×2の計6ドライバを搭載した3ウェイタイプ。クロスオーバー回路に独自のフィルタリング方式を採用し、立体的で奥行きのある自然な音の広がりを実現したとしています。

独自開発のケーブル「AudioflexSL TwistCable」を採用。ツイスト状で外部の電磁波ノイズの混入やタッチノイズを抑え、動きの激しい演奏時でもクリアなモニターが可能と謳っています。長さは1.6mで、MMCXコネクタで着脱可能。入力プラグはステレオミニ。

周波数特性は15Hz~25kHz、入力感度は108dB、インピーダンスは18Ω。3種類のシリコン製のノイズアイソレーションイヤーピースや、Complyイヤーピースを各3サイズ、航空機用変換プラグ、分配プラグ、キャリーケースなどが付属。

オーストラリア生まれのオーディオフライはケーブルの使いやすさにこだわっているのが特徴で、ケーブルの被覆にアメリカ製のファイバー素材「Cordura(コーデュラ)」を採用。登山用ロープ、スポーツウェアなどに使用されることが多いこの素材を、イヤホンのケーブルに使用したのはAudioflyが初めて。通常のナイロン系素材に比べ約30%もの耐久性アップが図れることや、タッチノイズを軽減するメリット、肌触りが良く、絡みにくく解れやすいことも特徴です。

音質が良ければこのくらいの価格でもイヤホン愛好家の間では話題になるものですが、あまり話題になっていないようです。

同社については、'16年からローランドが国内輸入・販売を行なっています。ローランドが扱うのは有利なことにも思えますが、そんな簡単なことではないようです。

国内では既に何機種もイヤホンを発売しています。中にはハイブリッド型で2,3万円台のものもあるので、実力があれば、発売済みの機種も再び注目されるかもしれません。