earcuffs1
2017年2月9日、ambie(アンビー)株式会社から耳を塞がないで聴けるという画期的なイヤホン「ambie sound earcuffs」が発売されました。

価格は5,500円(税抜)で、ambieウェブサイトおよび、ロンハーマン、蔦屋家電、チャーリーバイスなど提携店舗にて取り扱われます。

sound earcuffsはモデル名のとおり、イヤカフのように装着することで、耳を塞ぐことなく周囲の音や声を聞き取りながら、音楽再生が行えるというイヤホン。耳を密閉しないため、使用中に蒸れないメリットもあります。長時間でも疲れにくいというのもポイント。

サウンドについて、スピーカーから聴こえてくるような聴こえ方を実現したとしています。耳を塞がず周囲の音を聴ける上で音楽を聴こえるイヤホン、ヘッドホンとしてはすでに骨伝導型がありましたが、音質的にかなり難がありました。本機ではそれを払拭し、音質的に大幅な有利性があることを謳っています。

そのための新しい技術として、耳の後ろにスピーカーユニットを配置し、保持機構にパイプを通し、耳まで音を運ぶといった機構を採用。自転車での装着は推奨していません。また、防水/防滴仕様ではありません。

また、音の要となるドライバーユニットには、ソニーの音響技術が活用されたφ9mmドーム型・ダイナミックドライバーユニットを採用しています。強力な外耳型磁気回路を採用し、感度を高めているのも特徴です。

ambie自体、ベンチャーキャピタルのWiL,LLC.と、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社の共同出資により今年1月11日付で設立された企業で、ソニーの関係のもと、実験的かつ革新的な製品作りのためのカンパニーです。

有線タイプでケーブルは約1.2mのY型タイプ。iPhone/Androidの両方に対応するスマホ用リモコン・マイクを装備。プラグは金メッキI型4極3.5mmステレオミニ。最大入力は100mWで、インピーダンスは16Ω(1kHz)。本体質量は約5.2g。

付属イヤーピースは1種類のため、外耳の大きさによって、ノズルがどこまで耳穴に近づくかは人によって多少異なります。

earcuffs2


画期的なイヤホンです。ソニー自身がいきなり出しても良かったように思いますが、これもまた現代的な展開の仕方なのでしょう。これで高価だったら、「ふーん」となってしまいますが、いきなり5000円台と普通の価格なのも驚き。多少失敗しても許せる範囲でしょうか。

カナル型イヤホン全盛に対する大きなアンチテーゼ。インナーイヤー型でも得られない開放的な装着性、周囲との隔絶感の無さも画期的。

音漏れがどうなのかについてあまり積極的に情報が出ていないようです。さすがにカナル型よりはあるでしょう。インナーイヤー型と比べてどうなのかが重要。屋外の人前でも大音量でなければ使えるレベルだと実用的だと思います。周囲の騒音がそのまま入ってしまうこととの兼ね合いは難しいかもしれませんが。

Bluetoothイヤホン全盛になっているだけに、有線のみなのを残念に思う人も目立ちます。今後、Bluetoothバーションも出るでしょう。

ソニー本体からのより高音質なモデルの展開も期待したいところです。また、他社がどう反応するかも。着けたまま会話できるわけですが、それを社会が幅広く許容できるほどに浸透するのかもポイントですが、そこまでは難しいかもしれません。

イロモノで終わるのか、新しいイヤホンのジャンルとして発展していくのか大いに注目です。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく