TU-8150

イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、「6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150」を2月下旬に発売。価格は45,000円。
複雑な配線の引き回しが不要なプリント基板を採用した工作キット。真空管「6AQ5」の高信頼タイプ「6005W」を出力管に使っています。出力管の差し替えや、動作モードの切り替え、オペアンプの交換なども可能で、「この1台で真空管アンプの楽しさを満喫できる」としています。

外形寸法は210×252×122.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約3.5kgとコンパクト。

使用真空管は6005W×2本、12AX7×1本。6005Wは、付属のサブ基板に差し替えるだけでソケット形状の違う6V6を装着可能。真空管による音の違いが楽しめます。

パワフルな五極管接続、繊細な音が特徴の三極管接続、両方の良さを兼ね備えたウルトラリニア(UL)接続、3種類の接続モードの切り替えが基板上のジャンパープラグの差し替えで可能。8Ω負荷時の定格出力は五極管接続時で2.9W×2ch、三極管接続時で1.6W×2ch、UL接続で2.9W×2ch。

真空管2段構成ではゲインが不足するため、オペアンプによるプリアンプを内蔵。オペアンプはICソケットに実装しているため、好みに合わせて他のオペアンプに差し替えることもできます。

入力端子は背面にRCA×1、前面にステレオミニ×1を搭載。出力端子はバナナプラグ採用のスピーカーターミナルと、ヘッドホン出力も装備。高インピーダンスのヘッドホンにまで対応できるよう、組立時の抵抗の取り付け方を3通り選べるようになっています。 適合スピーカーは4~16Ω(4~8Ω推奨)、適合ヘッドホンは8~600Ω。

オーディオ初心者から中級者以上のサブ機、デスクトップ機までなかなか活躍できそうな一台です。