CECは、CDターンテーブルの駆動にベルトドライブ式を採用したCDトランスポート「TL5」を4月21日に発売すると発表しました。

CDターンテーブルをベルトドライブ式で駆動する点が大きな特徴。CECはこの方式にこだわったCDプレーヤーを作り続けています。この方式はいまだにCECしか採用しておらず、唯一無二の独自性を保持しています。

ベルトドライブ式のほうが音楽信号を安定かつ正確に読み取り伝送できるという考え方からです。CDスタビライザーの慣性による安定したディスクの回転により、「繊細で美しく音楽性豊かにCDを再生する」とCECは謳っています。

いつでもベルトに手が届く構造を採用。必要に応じて自分でベルトを交換できるようにし、メンテナンス性確保されています。真鍮製の重量級CDスタビライザーも採用。

デジタル出力は、バランス型AES/EBU、COAXIAL(RCA)、TOSLINK(角型光)の3系統を装備する豊富さも特徴。