音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


NW-A35HN_M10_L

ソニーマーケティングは、今年発売10周年を迎える“初音ミク”とコラボしたハイレゾ対応ウォークマン、スピーカー「初音ミク10周年記念モデル」を、6月22日からソニーストアで発売。8月23日10時までの期間限定、数量限定販売。

価格はウォークマンAの初音ミクモデル「NW-A35HN/M10/L(16GB)」、鏡音リン・レン「NW-A35HN/M10/Y(16GB)」、巡音ルカ「NW-A35HN/M10/P(16GB)」が各32,880円。Bluetoothスピーカー「h.ear go」(SRS-HG1)初音ミクモデル「SRS-HG1/M10/L」が28,880円。

直販サイトのソニーストア、直営店のソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神、および全国のe-ソニーショップ、一部の家電店で販売。ソニーストアの店舗と一部の家電店では、6月23日より展示も順次開始。

ウォークマンの本体背面に、初音ミクのオリジナルデザインをプリント。パッケージやケースもオリジナル仕様となります。さらに、初音ミクのボイストラックをハイレゾ音源でプリインストール。鏡音リン・レン、および巡音ルカモデルも同様です。

Bluetoothスピーカーはスピーカー天面に、初音ミクのオリジナルデザインを刻印。パッケージもオリジナルデザインとなります。

限定数はどれほどでしょうか。本機の場合は幅広い層の購入希望者が多いような印象です。

関連リンク
【NW-NW-A35HN/M10/L ほか、初音ミク10周年記念、コラボwalkmanとスピーカー発売!】の続きを読む


オヤイデ電気は、ハイレゾDAP「FiiO X5 3rd generation」の最新ファームウェア ver.1.1.6を公開。DSDファイルのBluetooth経由での再生など機能追加が行われました。

最新ファームウェアでは、対応DSDファイルのBluetooth経由での再生が可能になったほか、オンライン・フィードバック機能が追加になりました。

また、いくつかの不具合修正も行われた。スクリーンロックが設定されていない状態、かつロックスクリーンのアルバムアート設定がOFFの場合、スクリーンをアンロックした後もキーロック状態になってしまうエラーや、「前の曲」ボタンが「すべての曲」での再生時に効かなくなってしまうエラー、FiiO Music のホーム画面で曲を検索した時に、アルバムまたはアーティストをクリックすると正しい結果が表示されないエラーなどが修正されました。

アップデートの方法および追加・修正機能の詳細はこちらです。

FiiOと言えばもともとはDAPメインのブランドではなかったのですが、Xシリーズ以降すっかりDAPメーカーという印象が付いたようです。以前の安価でハイコスパなポタアンを得意とするイメージはすっかり薄らぎました。それが2chの専門スレにも表れていて、すっかり話題はDAP中心になっているようです。

FiiOにはまたポタアンでも頑張って欲しいところですが、業界の動向自体が変っているのでしょうね。


【FiiO X5 3rd generation 最新ファームウェア ver.1.1.6 Bluetooth経由でDSD再生可能に!】の続きを読む

ORA

6月20日(米国時間)、Kickstarterに世界初を謳う、振動板にグラフェンを用いたヘッドホン「ORA」が登場した。本体が受け取れる支援額は329カナダドル(約2万8千円)から。

グラフェンは軽量で丈夫というスピーカーの振動板として相応しい物性を備えていることから注目の素材。特にダイヤモンドよりも硬いという面は、振動板の分割振動を抑制してひずみの少ないクリアな音を再生できることにつながり大いに注目されています。

グラフェンは高価であったり、その薄さから成形が難しいとされていますが、ORAでは独自の複合材とすることでグラフェンの丈夫さや、軽量さ、熱伝導性を損なわずに成形を容易にすることで振動板に好適な特性を実現したとしています。

イヤホン用としては日立マクセルが2016年にMXH-GD200/GD100として商品化しています。

マクセルもそうでしたが、特に高額機でなくとも積める素材としても注目できるでしょう。2017年はヘッドホンにおけるグラフェン元年となりました。



【ORA 世界初!グラフェン振動板ヘッドホン Kickstarterに登場!】の続きを読む


ROSE_BR5_MK2
ROSE BR5 MK2はいわゆる中華イヤホンのなかでは300ドルを超える価格の高級機。構成は5BAドライバーのマルチユニットと、思い切った構成も多い機種が多いなかではもはや目立たないレベル。

ただ、音質の評判は先代のROSE BR5ともども良く、注目の本格高音質イヤホンと言えそうです。リケーブルも可能なようです。

どうも初代を中心にROSE BR5は複数のバージョン?があるらしく、中華イヤホンの奥深さというか不思議さを垣間見せてくれるイヤホンでもあります?バージョンごとの音の違いは無視できないようで、そこも悩みどころです。

ドライバー構成:5バランスドアーマチェア
インピーダンス:22Ω
音圧感度:115db
応答周波数:10Hz-28000Hz

引用元: ・【20k~】高価格の中華イヤホンPart8

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1492932616/ 【ROSE BR5 MK2 5BAで300ドル超のイヤホン!】の続きを読む

このページのトップヘ