音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



【ご予約受付中】Cayin(カイン) N5【ハイエンドポータブルヘッドホンアンプ】【送料無料】【9月18日発売予定】

コペックジャパンは、中国・Cayin(カイン)のハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「N5」を9月18日に発売。価格は59,700円(税込み)。

内蔵メモリは非搭載。ストレージとして、128GBまでのカードが利用できるmicroSDXCカードスロットを2基搭載。最大で256GBまでストレージを拡張できます。

筐体は航空機グレードのCNCアルミ削り出し、背面にはカーボンファイバーを採用。また、ディスプレイには解像度400×360の2.4インチIPS液晶を採用。スクロールホイールと物理ボタンにより、快適な操作性を実現したとしています。

DACには旭化成エレクトロニクス製「AK4490EQ」を採用(AK380でも採用のチップ。AK380では2基)。DSD128(5.6MHz)までのネイティブ再生ができるほか、PCMは192kHz/24bitまでのWAV/FLAC/ALAC(Apple Lossless)に対応。APE(192kHz/24bit Fast/Normal)、WMA(96kHz/24bit)、AAC/OGG/MP3などの再生にも対応。USB 3.0ポートも備え、USB-DACとしても動作することができます。デジタルフィルターについてはSHARPからSuper Slowまで5つのフィルターを切り替えることができます。

(32bit/96kHzの音源が再生出来る事を確認したという個人ユーザーの方がいました。またKOPEK JAPANもTwitter上で「DACスペック上再生可能であり、FWの更新で対応する可能性有り」という旨の発言をしているそうです。いずれにしてもメーカーが正式対応するまでは自己責任で試してください)

2基のクリスタルオシレーターを備え、クロストークやジッターを低減したとしています。コントローラー用のMCUは、デュアルコア600MHz Ingenic Xburst JZ4760を採用。ボリュームにはTI製の「PGA2311」を使っています。

出力としてステレオミニのヘッドホン出力のほか、2.5mmで4極のバランス出力も装備。ヘッドホン出力はアンバランス時が200mW×2ch(32Ω)、バランス時が300mW×2ch(32Ω)。

ステレオミニのライン出力も搭載しており、単体USB-DACとしても使用可能。ステレオミニの光デジタル出力も備えUSB-DDCとしても使用できます。

再生周波数帯域は20Hz~20kHz(±0.2dB)/5Hz~50kHz(±1dB)、THD+Nは0.006%、S/N比は108dB。

バッテリーは4,200mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵。連続再生時間は約9時間。外形寸法は111×64×16.4mm(縦×横×厚さ)、重量は約195g。 USB3.0ケーブル、同軸ケーブル、シリコンケースなどが付属。

本機は99800円のDAP、N6の下位機でもあります。N6は、DAC部にTI社バーブラウン製「PCM1792A」を左右独立のデュアルで搭載。3基のクリスタルオシレーターを搭載し、DSD128(DSF/DFF/SACD-ISO)までネイティブ対応するほか、192kHz/24bit対応機。内蔵メモリーは8GBで、microSDカードスロットを1スロット装備。最大128GBのmicroSDカードに対応。USB-DAC時も本体でボリューム操作可能、ヘッドホン端子はアンバランスのみ、デジタル出力は同軸などの違いがあります。

このN5は、DAP愛好家にとっては、今回の国内発売以前から、その内容とコストパフォーマンスの良さで、すでに注目を集めていた機種です。とくに、この価格でDSDネイティブ再生対応と、バランスヘッドホン駆動対応は他にはないアドバンテージ。ただ、愛好家の皆さんは、国内価格よりさらに安い海外から入手しての評価であることもポイントですが。上位機N6との違いは価格だけではなく、悩みどころでもあります。

価格、機能面での競合機がおもに中国系メーカー(FiiO X5 2nd、Lotoo PAW 5000など)になるのも現在のハイレゾDAP界を表しています。

引用元: ・【音質】DAP総合スレ49 (apple・SONY製品除く)

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1440301598/ 【Cayin N5 DSDネイティブ/ヘッドホン・バランス出力対応で59,700円のDAP!】の続きを読む

S_LV85001
ホームシアター対応オーディオ・ビジュアル製品情報。シャープ(株)は、市販品として世界で初めて8K映像の規格に準拠し、8K解像度での世界初となるHDR(ハイダイナミックレンジ)拡張表示に対応した映像ディスプレイ「LV-85001」を10月30日に発売。

オープン価格で、1600万円前後での発売が予想。プロユースの機器として、法人向けを中心に完全受注生産で販売予定。

8K(スーパーハイビジョン)規格の映像は、アスペクト比16:9、画素数7,680×4,320、表示フレーム周波数最大120Hz、BT.2020色域、量子化ビット数最大12ビットなどが定められており、本機はこれらに準拠した表示能力を確保。8K解像度でのHDR拡張表示にも対応。

解像度7,680×4,320・85型のIGZO液晶パネルを搭載。VAモードで、高開口率/低消費電力の「IGZO」を大型のテレビ向けとしては初採用。画素は4原色のクアトロンではなく3原色(RGB)で、パネルは亀山第二工場で生産。精細度は104ppi。階調性能は最大12bitで、輝度は1,000cd/m2、コントラスト比は10万:1、視野角は左右176度。バックライトは直下型で、エリア駆動(ローカルディミング)に対応。LED数やエリア分割数は非公開だが、「3桁台のエリア分割を行なっている」とのこと。

本体には地上/BS/110度CSデジタル放送チューナーも搭載、ただし、BS/110度CSによる4K・8K放送の受信には非対応。

8K映像の入力には4系統のHDMIを利用。いずれもHDMI 2.0で、出力機器側で8K映像を4枚の4K映像に分割して伝送し、LV-85001側で1枚の映像として合成/表示。4:2:2 12bit、4:4:4 8bit信号に対応。60fpsまでの入力に対応し、表示は120Hzで行なう。アナログRGB(D-Sub15ピン)端子なども装備。4K入力対応のHDMI端子に4Kチューナを接続すれば、4K放送なども視聴できる。また、USB端子も備え、8KのJPEG写真表示にも対応。

出力65W(10W×4+25W)の2.1chスピーカーも内蔵。縦置き設置にも対応する。外形寸法は1,930×173×1,115mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約100kg。 消費電力は1,440Wと高いが、100V 20A電源で動作するよう配慮。

10月7日から開催される「CEATEC JAPAN」のシャープブースで公開される予定。そのほか、同社東京支社(東京都港区)のBtoBショールームにも展示されるとのことです。

引用元: ・シャープ、85型8K IGZO液晶発表 1,600万円 1,400W

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442378466/ 【シャープ LV-85001 世界初のHDR対応85V型8Kディスプレイ ただし1600万円!】の続きを読む


ソニー・コンピュータエンタテインメントは15日に開催された「SCEJA Press Conference 2015」において、PlayStation 4の容量500GBのHDDを搭載するスタンダードモデルの価格税抜き価格を10月1日から34,980円に値下げすると発表。従来は39,980円だったため、5,000円の値下げ。税込価格でいうと,4万3178円から3万7778円へ5400円の値下げ。

15日に行なわれた「SCEJA Press Conference 2015」で、SCEJAの盛田厚プレジデントが発表。

「PS4を中心としたエコシステムのさらなる充実を図ると同時に、これまで以上に魅力的な価格を実現することで新規ユーザー層の拡大を目指し、PS4の普及をさらに推進していく」としています。

SCEでは今後もゲームソフトの拡充だけでなく、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR」(Project Morpheusとこれまで発表していたヘッドセットの名称を「Playstation VR」に正式決定)の開発中の内容や、クラウド技術を使ってストリーミングでゲームが楽しめる「PlayStation Now」も、9月16日から日本国内に向けてβサービスを展開する予定なども「SCEJA Press Conference 2015」にて発表しました。「PlayStation Now」は、クラウドを通じてPS3ソフトをストリーミング形式でプレイできるというサービス。これまで日本では抽選で選ばれたユーザーのみでのクローズドテストが行われていましたが、希望者は誰でも参加できるオープンベータサービスへと対象が拡大した形。

PS4やPS3、PS Vita用の周辺機器として、バーチャル7.1ch対応の「ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15001)」を12月3日に発売することも発表されました。

引用元: ・【終戦】PS4、10/1に34980円(税抜)に値下げ

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1442314538/ 【PlayStation4が10月1日に34,980円に値下げ!】の続きを読む

5
GEO
ゲオとゲオネットワークスは15日、エイベックス・デジタルと提携し、定額制映像配信サービス事業へ参入することを発表。新サービス「ゲオチャンネル」を2016年2月より開始すると発表。8万本以上のタイトルを用意し、月額590円で見放題視聴可能。また、店舗/宅配レンタルとの連携や、アダルトも含めて見放題となる点も特徴。

「ゲオチャンネル」サービス開始時は、月額590円で、映画やドラマ、アニメ、音楽などの配信コンテンツが見放題のベーシックプランを提供。決済はクレジットカードやキャリア決済に対応予定。なお、GEOの会員になれば一部コンテンツを無料で視聴できるようになる。コンテンツの個別購入もできるようにする予定。

画質はSDとHDを用意。4Kについても「意欲的に取り組んでいきたい」としています。

視聴には専用アプリ「ゲオチャンネル」を利用。視聴デバイスは、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスのほか、テレビ対応も検討中。1つのアカウントにつき最大5台までデバイス登録可能。スマートフォンでダウンロード視聴(キャッシュ)も行える。なおテレビでの視聴は、Chromecastを使用すれば可能。

ゲオチャンネルユーザーは、プラス月額590円で旧作タイトルが月20本までレンタルできるプランや
、同じくプラス月額590円で旧作タイトル8本を月1回、14泊15日で宅配レンタルできるプランをオプションで利用できます。宅配レンタルはサービス開始後、順次対応。ゲオ店舗には5万以上、宅配レンタルには24万以上のタイトルをそろえる。

ゲオでは「映像配信」と「リアル店舗」の2つを連携させたシステムを本サービスの特徴の1つとしてアピール。同社ではこれを「ハイブリッドVOD」と呼称。

全てのプランを契約すると、月額1,770円で、VOD、宅配、店舗のハイブリッド型サービスが利用可能になります。

引用元: ・【企業】ゲオとエイベックス、月額590円で8万作品が見放題の映像サービス「ゲオチャンネル」発表

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1442312189/ 【ゲオ(GEO)、月額590円の定額動画配信見放題サービス「ゲオチャンネル」開始へ!】の続きを読む

このページのトップヘ