音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



オヤイデ電気は、同社が展開するFiiOブランドより、ハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーの新モデル「X5 2nd generation」を7月17日に発売。オープン価格で55,500円前後での実売が予想。

2014年に発売した旧モデル「FiiO X5 JAPANESE EDITION」の第二世代モデルとして開発された製品。新しくDSDファイルのネイティブ再生に対応したことが大きな特徴。ほか、音質向上やGUIのブラッシュアップなども行われました。DAPとしてだけでなく、ハイレゾ対応USB-DACとしても使用できます。形状は初代X5よりシンプルに、手の平で操作しやすいエルゴノミックデザインを採用。初代X5比で質量を15%、大きさを12%抑えています。本体サイズは63.5W×109H×15.3Dmmで、質量は165g。

内蔵メモリーは非搭載で、最大128GBまで対応のmicroSDカードスロットを2基装備。音声出力端子は、ライン出力とS/PDIFコアキシャルアウトを兼用する3.5mmステレオミニと、同軸デジタルを装備。

対応ファイル形式は、DSD/APE/WAV/FLAC/ALAC/WMA/AIFF/MP2/MP3/AAC/ALAC/WMA/OGGなど。対応サンプルレート/ビットレートは、PCMが最大192kHz/24bitまで。WAVは64bit floting/Integer対応で、192kHz/64bitまでサポート。DSDは最大5.6MHzまで対応。DSDはネイティブ再生対応。ファイル形式はDSDIFF/DSFをサポート。

なお、USB DACとしてはDSD 2.8MHzまでと192kHz/24bit PCMの再生に対応。ご注意を。

なおDSDは同軸デジタル出力経由ではPCM変換出力される仕様で、DSD 2.8MHzファイルは88.2kHz/24bit PCMに変換。DSD 5.6MHzファイルはPCMデジタル不可。

DAC部にはTI製「PCM1792」を搭載。デジタルオーディオ系は、JZ4760B+SA2000+PCM1792Aで構成され、5.6MHzまでのDSD再生に加え、SACD ISOのダイレクト再生も可能と謳っています。デュアル・クリスタルオシレーターにはUSA製「SiTime MEMS」を採用。これによって音声転送時のジッターロス低減を図っています。オペアンプ「OPA1652」「OPA1612」を組み合わせる新規設計により、優れたダイナミックパフォーマンスと極限までの低ノイズ、低歪みを実現するとしています。

ボリュームコントロールにはTI製のアナログボリュームコントローラーチップ「PGA2311A」を採用。

ヘッドホン出力は436mW(16Ω)/245mW(32Ω)/27mW(300Ω)で、適応インピーダンスは16Ω~150Ω。ゲインは2段階で切り替えられます。

内部には3,300mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、USB充電に対応。約4時間の充電で約10時間の連続駆動が可能。

また、ポータブルアンプと、X5 2nd generationを組み合わせて利用できる専用アンプスタッキングKIT「HS16」や、専用レザーキャリングケース「LC-FX5221」も17日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格はHS16が500円、ケースが2,000円前後。

引用元: ・【Fiio】持ち歩いてる奴11週目【E・Xシリーズ】

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1435060805/ 【FiiO X5 2nd generation 5.6MHzネイティブ再生対応DAP 約5.5万円で国内発売!】の続きを読む

LINEMUSIC
LINE MUSIC(株)は、定額制音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」のiOSアプリをバージョン1.1.0にアップデート。新たにオフライン再生機能などを追加した。

同社は7月10日、Androidアプリをオフライン再生対応にアップデートし、楽曲を端末にダウンロードすることを可能にしていた。今回、iOS版でも同機能が利用できるようになった。キャッシュ可能な曲数も500曲までとAndroid版と変わらない。

http://www.phileweb.com/news/d-av/201507/13/37078.html


引用元: ・【定額】LINE MUSIC

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/mdis/1432819777/
【Android版、iOS版の「LINE MUSIC」でもオフライン再生が可能に】の続きを読む

no title

引用元: ・AKG ヘッドホンスレ K80

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1404048015/
729: 名無しさん┃】【┃Dolby 2015/06/30(火) 20:38:43.73 ID:dzk4KENW0.net
K812のボーカルが籠もるとかどういう耳なんでしょうか

【音が数値で決まるならヘッドホンの試聴なんてするかっての】の続きを読む


フジヤエービック主催のポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオ研究会 2015夏(ポタ研)」が中野サンプラザで開催されました。

部品メーカー“ホシデン”の子会社であるSATOLEXは、今月発売したばかりのハイレゾ対応フルデジタルヘッドホン「DH291-D1」などをメインに試聴デモを実施。

ホシデンの子会社でヘッドフォンのOEMなどを手がけていたサトレックスが自社ブランド「SATOLEX」ヘッドフォンを20年ぶりに復活させたもの。第1弾としてDnote技術を採用したUSB接続のデジタルヘッドフォン「DH291-D1」と、ハイレゾ対応の「DH291-A1」を7月7日より発売。価格はD1が24,800円、A1が14,800円。

デジタル/アナログモデルともハイレゾマークを取得。40mm径ドライバ採用の密閉ダイナミック型という点は共通。

とくに注目のDH291-D1は、プレーヤーとUSB経由でデジタル接続することで、最大96kHz/24bitのハイレゾ音源入力に対応するモデル。内部にデジタル信号処理技術Dnoteを採用し、入力音源をデジタル信号のままスピーカーユニットから出力できる仕様。

ユニットにはネオジムマグネットを使用した口径40mmのダイナミックドライバーを搭載し、CCAWボイスコイルを採用。再生周波数帯域5Hz~45kHzの広帯域をカバー。なお、本体はUSBバスパワー駆動に対応しバッテリーは不要。
【SATOLEX DH291-D1 ポタ研でのレビューなど】の続きを読む

このページのトップヘ