音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



アユートは、Astell&KernとJH Audioのコラボによるイヤホン「ROSIE(ロージー)」を5月27日より発売。価格はオープン。直販サイト価格は139,980円(税込)。

Astell&KernとJH Audioのコラボによるユニバーサルイヤホン「THE SIREN」シリーズに連なるモデル。

第二世代「THE SIREN」シリーズのエントリーに位置付けられるモデルで、新設計のカスタムBAドライバーを片方に6基(低域×2、中域×2、高域×2)搭載。ベースモデルとなったのはJH AudioのカスタムIEM「JH13 PRO」で、低域をオリジナル機から5dB持ち上げるなどの音質チューニングを加えたとのこと。

設計したジェリー・ハービー氏は「LAYLAの高域とRoxanneの低域を合わせ持ったようなサウンドのモデル」と語っています。

複数ドライバー構成でも各帯域の時間軸と位相を正確に制御できるという「freqphase」技術を採用。ステンレススティール製のチューブ型ウエイブガイドによって各ドライバーからの再生音到達を0.01ミリ秒の範囲で調整し、正確な再現を可能にしているとしています。

ボディはアルミ製で、アルミ製のベゼル、カーボン製フェイスプレートを備えます。

ケーブルは着脱式で、独自のロック機構付き4pin端子(コネクターはアルミ製)を採用。ケーブルは米国のハイエンド・オーディオブランド「MOON AUDIO」製で、3.5mm・3極端子ケーブルと、2.5mm・4極端子によるバランスケーブルの2タイプが付属。

両ケーブルには、ユーザー自身で低域(10Hz~100Hz)を0~+15dBの間で調整できる「Variable bass」機能を装備。低域を一番下げた状態がフラットになるように設計されています。


引用元: ・【50,000~】高級イヤホン専用スレPart18

http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1462006900/ 【JH Audio ROSIE Astell&KernとJH Audioのコラボイヤホン! 14万円】の続きを読む

1: シャチ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2016/05/26(木) 16:36:42.43 ID:CAP_USER9

ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~ [DVD]
[24日 ロイター] - カナダ出身のミュージシャン、ニール・ヤング(70)は、米大統領選の
共和党候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏がヤングの楽曲を選挙キャンペーンで
使用したことについて、「今では反対していない」と述べた。

トランプ氏は昨年6月にキャンペーンを開始した時に、ヤングの「ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド」を使用。 ヤングのマネジメント会社は当時、トランプ氏が出馬表明で楽曲を使用する許可を得ていないと発表していた。

ヤングはロイターのビデオインタビューで、現在ではトランプ氏が楽曲を使うことに反感は持っておらず、 ただ、使用してもよいか事前に聞いてほしかった、と述べた。ヤングは、トランプ氏の選対事務所が 楽曲使用をめぐってライセンスを取得していたことを確認した。

「わたしが(民主党の候補指名を目指すバーニー・)サンダース上院議員を支持していると言ったり、 トランプ氏が『ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド』を使ってよいか聞かなかったからといって、
彼が曲を使用できないということではない」と述べた。

ヤングは、ライブレコーディングを集めた最新作「Earth(原題)」を6月24日に米国などで発売する。

ロイター 5月26日(木)16時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000067-reut-ent
画像 5月24日、ニール・ヤングは、トランプ氏がヤングの楽曲を選挙キャンペーンで使用したことについて、
「今では反対していない」と述べた。写真は18日、米カリフォルニア州カラバサスで撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)
http://amd.c.yimg.jp/im_siggD1604bX4wAQcwgl8BIRSYg---x900-y600-q90/amd/20160526-00000067-reut-000-2-view.jpg

引用元: ・【音楽】ニール・ヤング、トランプ氏の楽曲使用に「現在は反対せず」©2ch.net

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1464248202/ 【ニール・ヤング、トランプ氏の楽曲使用に「現在は反対せず」なんで?】の続きを読む


中国1MORE(ワンモア)ブランドのイヤホン“1MORE Piston Classic"「E1003」が5月21日に発売。「e☆イヤホン」での先行販売となり、同店での販売価格は2,980円(税込)。なお詳細は未定だがe☆イヤホン以外での販売も順次行う予定です。

低価格帯の人気イヤホン、小米科技(シャオミー)のブランド【Mi】で販売された「Pistonシリーズ(Piston2)」の復刻版。ピンク、グレーのカラーバージョンも追加。

独自技術による振動板を採用したダイナミックドライバーを搭載。航空機用のチタン素材が高音域で高いパフォーマンスを発揮し、PET素材が豊かな中音領域を引き出すというもの。

振動版から発せられた音波はチャンバー内で反射して忠実な再生を阻害するため、前後2つのポートから不要な音圧を逃がし不要な音波による悪影響を低減する「デュアル防振システム」を搭載。ノイズを吸収し、ヌケの良い再生音を実現するとしています。

iOS,Androidデバイスの両方に対応したマイクリモコンを装備。イヤホン端子からリモコン部までのメインケーブルはメッシュ素材、リモコンからイヤホンまでは摩擦を軽減するTPE素材を使用。

再生周波数帯域は20Hz~20kHzで、入力インピータンスが32Ω、音圧感度が98dB、耐入力が5mW。S/M/Lサイズの交換用イヤーチップやケーブルクリップなどが付属。

1MOREは、元Foxconn在籍の創業者4人が2013年に設立した新鋭ブランド。オーディオ業界では、中国XIAOMIのOEM元として知られます。国内では

・E1001(ハイレゾ対応/3ドライバーハイブリッド)  ¥13,820(税込)
・EO323…(2ドライバーハイブリッドイヤホン)  ¥10,580(税込)
・1M301 ¥4,290(税込)

が発売されコストパフォーマンスで話題になっています。

本機も上位同様、最終チューン/仕上げにおいて、ラテングラミー賞を受賞したサウンドエンジニアLuca Bignardi(ルカ ビグナルディ)とコラボレーション。アーティストのプレイを忠実に再現されたチューン/調整が図られているとしています。


引用元: ・低価格でナイスな中華イヤホン Part25

http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1463211917/ 【1MORE Piston Classic E1003 Piston2復刻版イヤホン!】の続きを読む


デノンは、ドルビーアトモスに対応、DTS:Xにもアップデートで対応予定の7.2ch AVアンプ「AVR-X2300W」を6月中旬より発売。¥85,000(税抜)。

ドルビーアトモスに対応。DTS:Xについては2016年7月〜8月に予定されている無償ファームウェアアップデートでの対応。[5.1.2]のスピーカー配置に対応。2つのハイトチャンネルスピーカーを接続することができる。ハイトチャンネルは、フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントイネーブルド、サラウンドイネーブルドのいずれかを選択できます。

7chディスクリート・パワーアンプを搭載。実用最大出力は185W。HDMIは全入出力がHDCP2.2に対応しており、4K/60p、HDR、BT.2020の映像信号のパススルーが可能。8入力/2出力のHDMI端子を搭載。

Wi-FiおよびBluetoothも内蔵。ネットワークおよびUSBメモリーによるハイレゾ再生では、新たに5.6MHz DSDに対応。Wi-Fiが新たに2.4GHz/5GHz デュアルバンド(IEEE 802.11 a/b/g/n)に対応。

プリアンプ・ボードは新たに設計され、ヒートシンクや電源トランスからの振動を受けにくく、かつ信号経路の最短化を考慮したレイアウトが採用。パワーアンプ部については、カスタムコンデンサーを出力段のパワートランジスターと同一基板上に配置し、最短距離での電源供給を可能にしたとしています。

電源部は高速整流ダイオードや10,000μFの大容量ブロックコンデンサー(2基)を採用することで、マルチチャンネルによる大音量再生時にも余裕ある電源供給を行うことが可能な余裕を確保。4Ωスピーカーの駆動もサポート。

電流リミッター回路を排除し、これにより瞬時電流供給能力が従来機(AVR-X2000)から約3倍に強化。微小信号から大きな信号まで音色を変えることなく、余裕あるダイナミックレンジを確保して再生することが可能になったとしています。

デジタル基板も新設計により刷新。DACのポストフィルターの定数を見直しました。結果、オブジェクトオーディオにも有用な低周波数特性への改善が見られました。D/Aコンバーターには、192kHz/24bit対応のバー・ブラウン製DACを採用。

DSPは、従来モデルから引き続き32bitクアッドコアDSPを搭載。ドルビーアトモスやDTS:Xなどのサラウンド処理や音場補正など、負荷の大きい処理でも余裕を持って高速・高精度処理することが可能な能力を持っています。

自動音場補正機能については、引き続き「Audyssey MultEQ XT」を搭載。付属マイクにより最大8ヶ所での測定データを解析して音場補正を行います。9バンド・グラフィック・イコライザーも搭載。ヘッドホン出力もイコライジングが可能です。

ハイレゾ再生機能については、従来の2.8MHz DSDに加えて、新たに5.6MHz DSDのネットワーク再生およびUSBメモリー再生に対応。DSD以外の再生フォーマットは従来同様。対応フォーマットについては、192kHz/24bitのWAV・AIFF・FLAC、96kHz/24bitまでのALACの再生に対応。AAC、MP3、WMAの再生も可能。いずれもネットワーク/USBメモリーの両方で再生可能。AirPlay、インターネットラジオの再生にも引き続き対応。


FM/AMラジオチューナーも搭載。FM補完放送「ワイドFM」の聴取も可能。

音声入出力端子は、HDMIが8入力/2出力。アナログLR入力×4、光デジタル入力×2、サブウーファー出力×1、ゾーン2プリ出力×1、ヘッドホン出力×1。映像入出力端子はコンポジット入力×2、コンポーネント出力×1、コンポーネント入力×2、コンポーネント出力×1。そのほかLAN×1、USB×1(フロント)を搭載。

消費電力は500W(待機時:0.1W、通常スタンバイ)、外形寸法は434W×167H×339Dmm、質量は9.4kg。
パイオニアやオンキヨーの同クラスが、4Ωスピーカー駆動のサポートをやめた一方、デノンはサポート。メーカーも「4Ωスピーカーの駆動にも対応する点は特筆できると思います」とアピールポイントにしています。4Ωスピーカーを使えるこのクラスのAVアンプ新機種を求めていた人にもうれしい新製品でしょう。


引用元: ・【総合】 DENON AVアンプ 【デノン】その7

http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1454491745/ 【DENON AVR-X2300W ドルビーアトモス/DTS:X対応の7.2ch AVアンプ】の続きを読む

このページのトップヘ