音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


K-07Xs
エソテリックは、USB DAC機能を搭載したSACD/CDプレーヤー「K-07Xs」を11月1日に発売。価格は50万円。

同社SACD/CDプレーヤー「Kシリーズ」のエントリー機で、K-07('12年発売)、K-07X('15年発売)に継ぐ第3世代モデル。

独自のCDメカやシャーシなど基本構成はそのままに、K-07X発売後に出たフラッグシップ機Grandioso K1の技術を踏襲し、DAC部やバッファー回路、電源部などに改良を加えて音質向上を図ったとしています。

【ESOTERIC K-07Xs 50万円のUSB搭載SACDプレーヤー!】の続きを読む

426: 382 2018/10/06(土) 13:01:17.55 ID:1Cvw/qes0
KJ-55A9F、家電量販店で支払いしてきました
延長保証5年に配達設置料金込み、リサイクル料金なしで提示額が\453,000
この場合クレジット支払いでポイントは1%分
同条件でデビットカードで支払うなら\450,000にするって言うし、45万が最終
値引き交渉らしいことはやっぱり性分じゃなくて、特にしていません
前スレ>>935さんの仰るような10%キャンペーンはなかったけど
Netfrixの6カ月プレミアムプラン無料申し込みできるのはあったよ
10月30日までのA9F/Z9Fシリーズが対象だって

納品は最速15日で、理由は初期ロット数が圧倒的に足りてないみたい
今のところ展示品を確保するか、客を優先するかでも悩むぐらいらしい

以上です


429: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/10/06(土) 13:31:01.41 ID:IMtZIwUkO
A9FはA1以上に人気機種に成っているな

新発売時に買える人達が羨ましいや

私は値落ちしてからじゃないと購入が出来無い


引用元: ・【有機EL】SONY有機ELテレビ BRAVIA 総合Part10

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1537426097/ 【SONY A9F発売!購入ユーザーの感想をご紹介!A8F/A1と比較して画質大幅向上!?】の続きを読む

HSE-BASS20


e☆イヤホンは、グラフェンドライバーを採用し、ハイレゾ再生も可能ながら、価格を2,520円に抑えたイヤホン「HSE-BASS20」と、1,710円の普及モデル「HSE-BASS10」を12日から独占販売。

アルペックスとe☆イヤホンによる共同開発「アルペックス×e☆イヤホン Hi-Unitシリーズ」第4弾製品。シリーズ初の重低音モデル。

「HSE-BASS20」は、10mm径のグラフェンコート振動板を採用。筐体はアルミ。再生周波数帯域は20Hz~40kHz。インピーダンスは16Ω。出力音圧レベルは96dB。カラーはブラック・レッド、ブラックガンメタ、シルバーシルバー。

重量は13gで、入力端子はステレオミニ。イヤーピースはシリコン製に加え、コンプライ製も同梱。

「HSE-BASS10」はアルミニウム筐体を採用。ユニットは10mmで、再生周波数帯域は20Hz~20kHz。インピーダンスは16Ωで、出力音圧レベルは98dB。カラーバリエーションは6色。

歯切れのよい音がイメージされるグラフェンドライバー。とはいえなぜか本機は重低音重視。ドンシャリということでしょうか。「グラフェン」「ハイレゾ対応」でもこの価格。もっとも、今は他にも1000円台でグラフェンドライバー使用を謳うイヤホンが買えるようになっていますが。

【HSE-BASS20 ALPEX&e☆イヤホン開発イヤホン!グラフェンドライバーで格安!】の続きを読む

MY-D3000
グラストーンは10月14日、音響機器の製造販売事業を自主閉鎖すると発表。売上げの伸び悩みに加え、オーディオ用パーツの入手難を理由に挙げています。閉鎖後もしばらくの期間は、代表取締役兼エンジニアの山口雅彦氏個人がサポートの継続を行なうとしています。

1998年12月に創業以来20年の歴史に幕を閉じます。

グラストーンというと、DAコンバーターやヘッドホンアンプ製品が得意で、DACのMY-D3000は中級クラスの実力機として知られていました。また、最近流行のヘッドホンのバランス接続対応ヘッドホンアンプも手掛け、20周年記念モデル・HPA-P1も発売したばかり。

なんでもコンデンサーの調達が困難になったというのが影響しているそうです。こうしたオーディオ用の高音質部品の調達の困難さは、業界全体に広がってきていて、他の中小メーカーにも閉鎖や縮小の動きが余儀なくされる要因になりそうです。21世紀に本格単品オーディオという文化は難しいというのが現実なのでしょうか。

事業閉鎖後のサポート連絡先
メール:glasstonesupport@blue.ocn.ne.jp
ツイッターID:GLASSTONE_JAPAN

これまでに紹介したグラストーンのオーディオ機器

【グラストーン(Glasstone)、音響機器の製造販売事業を閉鎖】の続きを読む

このページのトップヘ