音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


kindle8gb

8GB 8980円 4GB 5980円
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQ4XCRB


1: 田杉山脈 ★ 2020/05/19(火) 21:50:43.66 ID:CAP_USER
 Amazon.co.jpは、電子書籍リーダ「Kindle(第10世代)」の8GBモデルを発売した。価格は4GBモデルから変わらず、広告つきモデルが8,980円、広告なしモデルが10,980円。

 同社が2019年3月に発売したKindleのストレージ容量を4GBから8GBに強化したモデル。解像度167ppiの6型E Inkディスプレイや明るさ調整機能つきのフロントライトなどは引き続き搭載する。

 本体サイズは113×160×8.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は174g。バッテリ駆動時間は数週間。

 8GBモデルの発売にともない、4GBモデルは在庫かぎりで販売を終了する。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1253334.html

引用元: ・【製品】Amazon、価格据え置きで8GBに容量倍増の「Kindle」を発売 [田杉山脈★]

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1589892643/

【Amazon、Kindleの8GBモデルを発売 4GBモデルは5980円に値下げ!】の続きを読む

1: ムヒタ ★ 2020/05/20(水) 11:48:41.59 ID:CAP_USER
 オーディオテクニカは、ノイズキャンセル機能を備えた完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」を発表した。「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応し、音切れのしにくさと、低遅延を実現する。発売は5月29日。市場想定税別価格は2万5000円前後になる。

 ATH-ANC300TWは、ノイズキャンセリングヘッドホンシリーズ「QUIET POINT」初の完全ワイヤレスイヤホン。専用設計の5.8mmドライバーを搭載し、音導管上に超小型マイクロホンを配置することで、ノイズキャンセル機能と高音質再生を両立。振動板には、DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用し、高域特性を向上している。左右それぞれのヘッドホンにフィードフォワード方式とフィードバック方式のマイクを2基備える。

 Qualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応したスマートフォンと接続すれば、左右独立伝送により音切れしにくい、安定したワイヤレス伝送を実現。「クイックヒアスルー機能」を備え、周囲の音をすぐに確認できる。

 専用アプリを使えば、カフェやオフィス、電車や飛行機など、使用シーンに合わせて3つのノイズキャンセリングモードを選択することが可能。連続約4.5時間、充電ケースを併用すれば、最大約18時間の再生に対応する。

no title

no title

2020年05月20日 10時00分
https://japan.cnet.com/article/35154005/

引用元: ・【製品】オーディオテクニカ、ノイキャン「QUIET POINT」に完全ワイヤレスイヤホン [ムヒタ★]

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1589942921/

【audio-technica ATH-ANC300TW ブランド初のNC搭載完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む

177: 名無しさん┃】【┃Dolby (オッペケ Sr63-HrgI) 2020/05/15(金) 06:38:15.10 ID:VPsZ6NTdr
結局75と85はどちらがベストバイ?
18畳のリビングだけど…。
高い買い物だから公開したくない。。

引用元: ・Sony BRAVIA ブラビア Part268

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1589258133/

【SONY BRAVIA KJ-75X9500H発売!購入者はなかなかおらず?】の続きを読む

FiiO K5 Pro


エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドの新製品として、USB-DAC内蔵の据え置き型ヘッドホンアンプ「K5 PRO」を、同社直販サイト「FiiO Direct」にて5月19日より発売。販売価格は24,444円(税抜)。
【FiiO K5 Pro 手頃な据え置き型ヘッドホンアンプ!】の続きを読む

このページのトップヘ