音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!




Amazonは、昨年11月に販売開始したスマートスピーカー「Echo」シリーズで使えるAlexaスキルについて、2017年12月の人気ランキングを発表した。

同ランキングは、Amazon Alexaアプリの「スキルストア」上で、「有効にする」設定されたスキル数を集計したもの。

それによると1位はラジオ聴取アプリ「radiko.jp」、2位はピカチュウと話せる「ピカチュウトーク」、3位は豆知識を教えてくれる「豆しば」、4位は「カラオケJOYSOUND」、5位は「駅しりとり powered by 駅すぱあと」だった。以降は記事下のランキングを参照して欲しい。

【2017年12月のランキング】
1位:radiko.jp
2位:ピカチュウトーク
3位:豆しば
4位:カラオケ JOYSOUND
5位:駅しりとり powered by 駅すぱあと
6位:LinkJapan
7位:アルクの英語クイズ
8位:波の音
9位:Hey MIKU!
10位:JR東日本 列車運行情報案内
11位:Find My Phone
12位:Cookpad
13位:スマート家電コントローラ
14位:Yahoo!ニュース
15位:鷹の爪団の吉田くんが時間教えちゃうぞ!
16位:運行情報 by 駅すぱあと
17位:キクタン
18位:百人一首
19位:Yahoo!天気・災害
20位:食べログ

https://www.phileweb.com/news/d-av/201801/18/43100.html

Amazon Echo & Alexa
【Amazon EchoのAlexaスキルが450以上に増加。人気ランキング1位はradiko.jp】の続きを読む


JAPANNEXTは、HDCP2.2対応の55型ワイド4K液晶モニター「JN-VT5500UHD」を1月31日から発売。オープン価格で89,970円前後での実売が想定。なお、1月18日から31日までの間は、直販サイトにて発売前モニター特価69,970円(税込)で販売されます。

4K(3,840×2,160)対応の55型液晶ディスプレイで、画数ピッチを約0.31mmまでに縮めることで、55型でも27型フルHDモニターとほぼ同じピクセル密度となる80ppiの高画数密度を4K解像度で実現。

視野角上下左右178度のSVAパネルを採用。10bitカラーパネルを使用。コントラストは6000対1。リフレッシュレートは60Hz、応答速度は8ms。ブルーライト低減機能を搭載し、目の負担軽減にも配慮。

HDCP2.2対応のHDMI 2.0端子を4基装備。ほか、USB×1、イヤホン出力×1、SPDIF×1を装備。出力10Wのステレオスピーカーも搭載。

消費電力は150W。外形寸法は1,253W×791H×305Dmm、質量は13.7kg。 リモコンや金属製スタンドなどを付属。

細かいことを言い出せば(細かいこととも言えないかもしれませんが)キリがありませんので、この内容、この価格で良い、と割り切れる人向けであると言えるでしょう。買うなら期間限定特別価格でというのが基本になるでしょう。

【JAPANNEXT JN-VT5500UHD 55型4K液晶ディスプレイ!特価69,970円(税込)】の続きを読む

このページのトップヘ