音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



DYNAUDIO_SpecialForty

DYNAUDIO(ディナウディオ)は、独ミュンヘンで開催の「HIGH END 2017」にて、創業40周年モデルとなる2ウェイブックシェルフ型スピーカー「THE SPECIAL FORTY」を発表。ヨーロッパでの出荷は6月頃を予定し、価格は2,999ユーロ/ペア。日本国内での発売も期待されます。
【DYNAUDIO Special Forty 40周年記念スピーカー!価格は2999ユーロ!】の続きを読む

Silver6G

英国・MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)は、独ミュンヘンにて開催中の「HIGH END 2017」にて、第6世代となる新「Silver」シリーズ「Silver 6G」のスピーカーシステムを発表しました。欧州では7月の出荷を予定。
【MONITOR AUDIO Silver 500 ほか新Silver 6Gシリーズ! 旧Silverとの違いは?】の続きを読む


e☆イヤホンは、NOWALLブランドによるBluetoothイヤホン「CH-1」を5月20日より国内独占販売。価格は店頭では10,780円で、直販サイトでは11,980円(いずれも税込)。直販サイトでの購入は10%のポイント還元を行います。

ダイナミックドライバーとBAドライバーをハイブリッドで搭載したBluetoothイヤホンで有線接続も可能なのが特徴です。

【NOWALL CH1 ハイブリッド型Bluetoothイヤホン 有線接続も可能!】の続きを読む

LCDi4
独ミュンヘンで開催されている「HIGH END 2017」にて、AUDEZEは平面駆動イヤホンの新モデル「LCDi4」を発表。

同社はすでに「iSINE 20」「iSINE 10」という2モデルの平面駆動イヤホンを発売ずみ。本機はさらに上位機として発表。

本機にはかの平面駆動型ヘッドホン最上位機「LCD-4」のダイヤフラムと同じ技術・素材を採用した、薄さ0.5ミクロンの超薄型ダイヤフラムを搭載しているのが売り。高音域でも歪み率(THD)は0.2%以下(@100dB)と、イヤホンとしては驚異的な低歪みであることも大きく謳われています。

タイプはセミオープン型。ハウジングはマグネシウム製。

ドライバー径はiSINE 20などと同様の30mm。ドライバーにはN50 ネオジウム・マグネットを用い、独自のFlucorマグネット技術も採用。

周波数特性は5Hz~50kHz。インピーダンスは35Ω。質量は片側で12g。

特性上でも音質面でもアピールできそうな高級機です。

イヤホンとしては高価ではありますが、本機だけが突出して高いわけではない現状なので、特に問題にならないでしょう?屋外の人前で使いにくいのはどうでしょうか?まあ、同社の平面駆動イヤホンは、重くて長時間使用がつらい同社のヘッドホンの代わりに使うというのであれば、案外ニーズはあるのかもしれません。
【AUDEZE LCDi4 平面駆動イヤホン最上位機!価格は2,495ドル!】の続きを読む

このページのトップヘ