音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



2016年5月27日に発売されていたAstell&KernとJH Audioのコラボによるイヤホン「ROSIE(ロージー)」(当初直販サイト価格は139,980円、現在実売約8万円)。

Astell&KernとJH Audioのコラボによるユニバーサルイヤホン「THE SIREN」シリーズに連なるモデルで、第二世代「THE SIREN」シリーズのエントリーに位置付けられ、新設計のカスタムBAドライバーを片方に6基(低域×2、中域×2、高域×2)搭載と発表されていました。

ところが、製品版では8ドライバーへと変更されていたことを発表。発売以降、表記が誤っていたことを国内代理店のアユートは発表するとともに、陳謝しました。

最初の製品情報発表後、メーカー側でさらなる音質の追求による品質向上を目的に、価格を据え置いたまま「片側8基の搭載(低域×2、中域×2、高域×4)へ仕様変更していたものが手違いによってアユートに通達されておらず、直近でこの事実が判明したため、今回のタイミングでのアナウンスに至ったとしています。

アユートが2016年5月27日に発売し国内流通している「ROSIE」については、すべて仕様変更後の、8BAドライバーの製品となっているとしています。つまり、国内で発売された「ROSIE」は最初から8BAドライバーだったことになります。

このことを知らないでユーザーは聴いていたわけですが、音質レビューにおいて、「6BAとはとても思えない」と感じた人はむしろ正しかったことになります。とんだ試金石だったと言えましょう。佐村河内問題でもありませんが、聴き手の力量が問われる事件が時たま起こるのも世の常でしょうか。

ROSIEは、複数ドライバー構成でも各帯域の時間軸と位相を正確に制御できるという「freqphase」技術を採用。ステンレススティール製のチューブ型ウエイブガイドによって各ドライバーからの再生音到達を0.01ミリ秒の範囲で調整し、正確な再現を可能にしているとしています。ボディはアルミ製で、アルミ製のベゼル、カーボン製フェイスプレートを備えます。

ケーブルは着脱式で、独自のロック機構付き4pin端子(コネクターはアルミ製)を採用。ケーブルは米国のハイエンド・オーディオブランド「MOON AUDIO」製で、3.5mm・3極端子ケーブルと、2.5mm・4極端子によるバランスケーブルの2タイプが付属。ケーブルには、ユーザー自身で低域(10Hz~100Hz)を0~+15dBの間で調整できる「Variable bass」機能も装備されています。

【JH Audio ROSIE 実は8BAユニットだったと発表!】の続きを読む

17: 名無しさん┃】【┃Dolby 2017/06/06(火) 15:11:24.83 ID:4ZP3ILoY0
e2000とe3000って、ハイレゾ対応ロゴついてるのに
どこを見てもそれについての説明がない…それどころか周波数帯域すらどこにも全く記載されてない
どういうこっちゃ

引用元: ・低価格でナイスなイヤホン Part139

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1496627800/ 【日本オーディオ協会 ハイレゾロゴ付与手数料収入が大幅増ってどういうこと?】の続きを読む

00BT
ゼンハイザーは、ネックバンド型のBluetoothイヤホン「CX 7.00BT」を発表。アジア太平洋地域で6月、世界で9月に発売する。価格は未定ですが手頃な価格を目指すとしています。

Bluetooth 4.1対応。NFCでスマートフォンなどとペアリングでき、最大2台の機器と同時にペアリング可能。aptXコーデックにも対応。マイクも内蔵し、スマホのハンズフリー通話などに利用可能。通話機能として3ウェイコーリング、ユーザーに受信を知らせる音声プロンプトに対応。

イヤホン部の詳細はわかりませんが、まず間違いなくダイナミック型1基の構成でしょう。

バッテリー駆動時間は10時間。充電はUSBで行ない、1.5時間で完了。

長時間の使用でも快適な装着感が得られるというアラウンドネックデザインを採用。4サイズのイヤピースで耳にフィット。騒々しい場所でも落ち着いたリスニング体験を楽しめるとしています。

と、ここまではそれなりによくあるネックバンド型Bluetoothイヤホンですが、ここから少し違います。

Bluetooth接続だけでなく、付属ケーブルにより有線接続も可能で、USBオーディオに対応。

Bluetoothイヤホンで有線接続にも対応する機種はかなり少ないので、そこは注目。ソニーくらいしか思い当たりません。イヤホン本体が高音質ならBluetooth接続を上回る音が期待できます。

さらに、USB接続できるのも特筆点。Bluetooth、有線、USBの3つの接続をサポートするイヤホンは他にないのではないでしょうか?

国内正式発表前でもあり、詳細な仕様がわかりませんが、このUSB入力がハイレゾ対応かどうかもポイントでしょう。どちらかというとソニーが先に商品化しそうな内容です。本機を見てソニーが反応するかも注目です。 【SENNHEISER CX 7.00BT Bluetooth/有線/USB対応イヤホン!】の続きを読む

no title

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/l_kf_siri_05.jpg
562: 不明なデバイスさん 2017/06/06(火) 08:21:23.47 ID:ssFZZG0b
Appleからスピーカー出たね


564: 不明なデバイスさん 2017/06/06(火) 15:14:08.22 ID:kHIhXEZl
林檎に限らずAIスピーカーの存在がイミフだわ
VR()やIoT()と同じ匂いプンプンだわ


引用元: ・Bluetoothスピーカースレッド Part24 [無断転載禁止]©2ch.net

【スマートスピーカーブームは来るのか!Bluetoothスピーカーの未来はいかに?】の続きを読む

このページのトップヘ