音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


fujitsu_MR_HMD
Windows Mixed Reality対応のヘッドマウントディスプレイヘッドセットとコントローラ「Windows Mixed Reality Headset + Motion Controllers」を11月下旬より発売。価格は57,024円(税込)。

富士通設計のHMDと、右手と左手で別々に使用するコントローラをセットにしたもの。ハイスペック版のWindows Mixed Reality Ultra(MR Ultra)と、通常のWindows Mixed Reality(MR)の双方に対応。

HMDのディスプレイは2.89インチで解像度は1,440×1,440ドット×2(両眼で2,880×1,440ドット)。リフレッシュレートは90Hz(MR Ultra)/60Hz(MR)。視野角は100度(MR Ultra)/90度(MR)。ジャイロセンサーや加速度センサー、磁気センサー、トラッキングカメラを搭載。インターフェイスはHDMI 2.0×1、USB 3.0×1とヘッドフォン出力。外形寸法は182×290×138mm(幅×奥行き×高さ)、重量は415g。

コントローラはBluetooth V.4.0で接続。Windowsボタンやメニュー、サムスティック、トリガー、グラブ、タッチパッドなどの操作に対応。電源は単3乾電池×2本。外形寸法は119×153×119mm(幅×奥行き×高さ)、重量は135g。

引用元: ・【HMD】Windows MR総合 Part 2【Mixed Reality】

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1507524599/ 【富士通 Windows Mixed Reality Headset + Motion Controllers まさかの登場!?】の続きを読む

Pionner_APS-DR002
パイオニアは、PCオーディオの電源ノイズなどをカットするという“USBサウンドクオリティアップグレーダー”「DRESSING」の新モデルとして、価格を抑えたという「APS-DR005」を12月に発売。価格は15,000円。

「DRESSING」はPCやUSB DACなど、USB(タイプA)端子を備えた機器の電源ノイズや信号ノイズをカットして高音質化を実現するというオーディオアクセサリー。

これまで、通常モデルとなる「APS-DR001」(6,000円)、USB出力も備えた「APS-DR002」(2万円)、高品質パーツ採用の上位モデル「APS-DR003」(10万円)をラインナップ。

「APS-DR005」は、USB出力端子を搭載しながらAPS-DR002よりも低価格化しているのが特徴。PCなどのUSB端子に接続して電源ノイズを低減するほか、USB出力も備えているため、PCとUSB DACなどの間に接続し、電源ノイズとともに接続機器への信号ノイズも低減できるという合理的な使い方ができます。

「DRESSING」シリーズは2chのビジネス板などで取り上げられ、いわゆるオーディオオカルト的な扱いも受けてしまっていました。ただ、簡易版をオーディオ雑誌付録にするなど、メーカーによる地道な?努力のおかげか、一定の需要があったようです。その結果の新製品でしょう。ユーザーが満足できればそれで成り立っているわけですから。

【Pioneer APS-DR005 あの?謎アクセサリーのお得な新機種!?】の続きを読む

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウカー Sab7-viTL [182.251.252.5]) 2017/10/13(金) 10:02:48.58 ID:FG85N41Ja
A40って、アルバム一覧でグリッド表示(ジャケットが画面一杯に敷き詰められるやつ)に切り替えって出来る?


引用元: ・SONY ウォークマン NW-A30/A40 Part33

http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1507819127/ 【NW-A40シリーズで出来ないこと、気になるところはこれだ!?】の続きを読む


5月には下位機の「MA650 Wireless」(9月15日より発売。価格は11,900円)と同時に発表されながら、なかなか発売日が決まらなかったRHAのBluetoothワイヤレスイヤホン・「MA750 Wireless」。10月25日より発売と決定しました。価格は19,900円。

ハイコスパな有線イヤホンとして知られるMA750が下位のMA650とともにBluetooth化。Bluetoothイヤホンに多いネックバンド型としています。ネックバンドはバイブレーション機能を備えており、音楽再生時に着信するとネックバンドが揺れて着信を伝えます。

aptX/AACコーデックやNFCペアリングへの対応、IPX4相当の防滴仕様、連続再生12時間といったBluetoothイヤホンとしてのスペックを備えます。

MA750 Wirelessのドライバーは「モデル560.1」。ステンレススチール製ハウジングと、RHA社シグネチャーデザインであるエアロフォニックデザインをMA750同様に備えます。

周波数特性は16Hz~22kHz。3ボタンのリモコンも備えます。重量は41g。USBケーブルやイヤーチップ(8セット)、キャリーケースを同梱。
【MA750 Wireless やっと発売日決定!】の続きを読む

このページのトップヘ