音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


ULTRASONE_SignatureSTUDIO
18日に東京・中野サンプラザで開催された、フジヤエービック主催のポータブルオーディオ・イベント「ポータブルオーディオ研究会2017冬」において、タイムロードは、ULTRASONEの新しいヘッドホン「Signature STUDIO」を参考出展。

モニター用/DJ用モデルの最上位モデルである「Signature PRO」「Signature DJ」を、サウンドはそのままに仕上げを簡略化して、より求めやすい価格を実現したというもの。

「Signature PRO」が低下148000円、実売9万円、「Signature DJ」は実売8万円程度ですから、間違いなくこれ以下となります。どうやら定価ベースで7万円程度のようです。となると、実に半額程度。

「Signature PRO/DJ」ではイヤーカップにガラスをあしらい、ヘッドバンドにもエチオピアンシープスキンを採用していましたが、本機ではこの両方を簡素化。具体的には、ヘッドバンド部の本革が「Signature STUDIO」では合皮に。ハウジングは樹脂+ラバーコーティングから樹脂のみになります。

一方でドライバーやハウジングは上位機と同じものを使用しているので、音質的には同一とは言えないまでもかなり近似しているということでしょう。

「Signature PRO」は40mm径のチタンプレイテッド・マイラードライバーを搭載したオーバーイヤー密閉型。S-Logic Plusテクノロジーを採用。周波数特性が8~42000Hz、インピーダンスが32Ω、音圧レベルが98dB。重量が300g。1.5mと3mのストレートケーブル各1本と、専用収納ボックスが付属していました。

「Signature DJ」は新開発の50mm 径マイラードライバーを搭載し、周波数特性:5-32,000 Hz、インピーダンスが32Ω、音圧レベルが115dB。重量が300g。3mのカールコードとマイクロフォン/リモートコントロール付きのショートコードが各1本付属。

具体的には「Signature PRO」がベースモデル。「Signature PRO」の音質面で気に入っている人は少なくないようなので、価格面で躊躇していた人には朗報でしょうか。

やたらと高級(高価)な密閉型ヘッドホン路線を続けてきたウルトラゾーンですが、常識的な?価格帯で、幅広く受け入れられるような製品作りに回帰して欲しいと思う人もいそうです。

【ULTRASONE Signature STUDIO PROの廉価版!】の続きを読む

Cayin+N3
東京・中野にあるAV機器の専門店フジヤエービックが主催する「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2017冬」が、2月18日の土曜日に中野サンプラザで開催されました。

ここで、中国のCayin(カイン)は、新ハイレゾポータブルオーディオプレーヤー・N3を出展。早ければ3月ごろの発売で、価格も2万円程度と手頃。それでいてなかなか内容充実となっています。
【Cayin N3 DSD 11.2MHz対応で価格約2万円のDAP!】の続きを読む



ナスペックは、イギリス・Cambridge AudioのUSB-DAC/プリアンプ機能搭載ネットワークオーディオプレーヤー「Azur 851N」を2月20日発売。オープン価格で実売23万円程度。
【Cambridge Audio Azur 851N 多機能なネットワークプレーヤー!】の続きを読む


生産完了オーディオ製品情報。SS-NA2ESはソニーが2010年に発売したトールボーイスピーカー。価格は19万9,500円(1台)。 独自の 「I-ARRAY System」による高域特性の改善と広い指向特性が特徴です。 【SONY SS-NA2ES 販売完了で中古価格はどうなる?】の続きを読む

このページのトップヘ