音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


1: 海江田三郎 ★ 2016/10/07(金) 10:43:54.85 ID:CAP_USER
LED電球とBluetoothスピーカーの融合。そんな斜め上の発想からソニーが生み出した
LED電球スピーカーの新モデル「LSPX-103E26」(実売価格2万5000円前後)が、好調な売れ行きを見せている。 2016年夏には一時売り切れ状態になっていたほどの人気ぶりだ。

 一般的なAV製品とはかなり毛色の異なる製品ながら、なぜここまで人気になったのだろうか?

 LSPX-103E26は、「明かりと音楽が一緒になった新体験を提供する」というコンセプトで開発された前モデ ル「LSPX-100E26J」の後継機。空間が持つ価値を生かしながら新しい体験を生み出すソニー 「Life Space UX」シリーズの製品で、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」(関連記事は「注文殺到で品切れに! 
ソニーの『画期的』小型プロジェクターを使ってみた」)やグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」なども同シリーズの 製品となっている。
 最大の特徴は、一般的な電球と同じE26口金(市販の変換コネクターを使えばE17口金にも装着可能)のソケットに取り付けて照明として 利用できるとともに、そのままBluetoothスピーカーとして音楽も楽しめるということ。通常のLED電球とほぼ同等のサイズ感やデザインを踏襲しつつ、
新モデルではさまざまな改良を施し、明るさと音質を向上した。

 新機能として、LEDの光の色を自由に変更できるカラー点灯機能、ウェイクアップタイマー機能、スマホの着信お知らせ機能、 2台利用で音がステレオになるモードなどに対応。前モデルを改良しただけでなく、幅広い新機能を追加しているのがポイントだ。


(続きはサイトで)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/100300601/?ref=nbptrn_top_new
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/100300601/thumb_300_01_px300.jpg

引用元: ・【家電】ソニーのLED電球スピーカーが売り上げ好調 一時は品切れ状態に 

http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1475804634/ 【SONY LSPX-103E26 LED電球Bluetoothスピーカーが売り上げ好調!?】の続きを読む

JVCケンウッドは、“重低音&タフ”をコンセプトとしたJVCブランドのカナル型イヤホン「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズの新モデル2機種、「HA-FX99X」と「HA-FX77X」を10月中旬に発売。

オープン価格でHA-FX99Xは12,880円前後、HA-FX77Xは6,980円前後での実売が想定。

上位のHA‐FX99Xは、重低音イヤホンで有名なシリーズで初めてハイレゾ音源再生に対応したことがトピックです。 【JVC HA‐FX99X “XX”シリーズ初のハイレゾ対応モデル!】の続きを読む


デノンは、5.1chシアタースピーカーセット「SYS-2020」を、10月中旬に発売。価格は35,000円。

8cmのフルレンジユニットを搭載したサテライトスピーカー×5基、16cmウーファを搭載したサブウーファー×1基で構成する5.1chスピーカーセット。
【DENON SYS-2020 壁掛けできる35,000円の5.1chシアタースピーカーセット!バータイプに勝てる?】の続きを読む

1: yomiφ ★ 2016/10/06(木) 22:37:59.77 ID:CAP_USER
 ソニーモバイルコミュニケーションズは6日、Androidスマートフォンと連携し、ハンズフリーで通話やメッセージ、 情報検索などが行なえるイヤフォン型のスマートプロダクト「Xperia Ear(XEA10)」を発表。 声で操作するデモなどを行なったほか、同製品を含む「Xperiaスマートプロダクト」のコンセプトや構想などを説明した。

 Xperia Earは、左右どちらかの耳に常時装着し、スマートフォンの通話やSNS、メール/SMS、カレンダー、音楽、地図などを音声で確認/操作できるスマートプロダクト。
スマホが取り出しづらいときなどに、声でメール返信や予定のチェックなどが行なえる。Android 4.4以降の端末に対応し、Bluetooth 4.1とNFCに対応。
11月18日発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後。機能の詳細は別記事で掲載している。

no title


 主な利用例としては、SMSでは「○○さんにメッセージを送信」と話しかけると、アドレス帳から呼び出して送信可能。
音楽再生の操作にも対応し、アーティスト名などで「○○の曲かけて」と話すと、「ミュージック」アプリを起動して再生する。

 SNSは、LINEや(Facebookの)Messenger、Twitterアプリと連携。そのほか、カレンダーとの連携による予定の読み上げや、Wikipediaと連携した検索、
Google Maps連携のナビゲーション、天気/ニュース読み上げなどが可能。また、スマートフォンを探す(アラームでスマホの所在を確認する)といった機能も利用可能。

■声優・寿美菜子の声でユーザーをアシスト

 ユーザーの話した言葉を正しく理解し、それに応じた動作をすることが必要となるが、同社は、音声対話など様々な入出力を通じて、 ユーザーに有用な情報を提供するための技術を「ソニーエージェントテクノロジー」と総称。
音声認識については、「認識して、意図を理解して発話するという一連のプロセスの中で全て精度を高める必要がある。ソフトウェアだけでなく、ハードウェアでも、 例えばマイクの位置や感度などによってトータルで認識精度を高めた。外のようなざわざわした場所でもテストを行なっている」と仕上がりに自信を見せている。

 Xperia Earからの音声は、声優の寿美菜子さんによる録り下ろし。
様々な返答ができるように、(VOCALOIDのような)細かい発音パターンを収録して合成する音声のほか、 「がんばりましょう」などの決まったフレーズを収録してそのまま使うパターンの両方を用意。それらを自然な形でつなぎ合わせているのも特徴だという。

 寿さんからのビデオメッセージも寄せられ、「私も体験しましたが、本当にXperia Earは着け心地から何から優秀ですね。 声を収録したのは約1年前ですが、皆さんの耳のそばに置いてもらうということで、優しさや、思いやりを込めて収録しました。 ぜひ、お耳のそばでアシストさせてもらえるとうれしいです」とコメントした。
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1023/652/05a.jpg

(抜粋。全文はソースにて)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1023652.html

デモ動画
SMSのメッセージ入力と送信
https://youtu.be/n6QJlwRP0sc


引用元: ・【ガジェット】寿美菜子の声で音声アシスト ソニー、イヤホン型スマートデバイス「Xperia Ear」発表 

http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1475761079/ 【SONY Xperia Ear XEA10 寿美菜子の声でアシストするヘッドセット!】の続きを読む

このページのトップヘ