音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!




生産完了オーディオ製品情報。ONKYO(オンキヨー) A-933  ¥80,000(税抜) 発売2005年3月9日 ハイコンポシリーズ「INTEC 275」のプリメインアンプとして登場した機種。

「INTEC 275」は1993年に登場。12年ぶりとなるフルモデルチェンジを2005年に行っていました。その時のラインナップが以下のとおり。Hi-MDに対応したMDデッキなどを含んでいるなど時代を感じさせます。

種類 品番 価格
プリメインアンプ A-933(S) 84,000円
CDプレーヤー C-733(S) 63,000円
スピーカー D-302E 126,000円
(2台1組)
Hi-MD対応MDデッキ MD-133(S) 63,000円
FM/AMチューナ T-433(S) 31,500円
フルセット価格 367,500円

A-933は、定格出力80W×2ch(8Ω時)のA/D変換にPWM(パルス幅変調)方式を採用したデジタルプリメインアンプ(D級アンプ)。同方式の動作をより理想的にするために、独自の積分型変調回路「VL Digital」を搭載。スパイクノイズに起因するエラーを排除した、正確なパルス幅変調を実現したとしています。VL Digitalの前段には増幅素子固有の非線形特性を解消するというインバーテッド・ダーリントン回路を搭載。

シリーズラインナップからもわかるように、推奨スピーカーはD-302E。これも現在は生産完了です。

オンキヨーは現在も「VL Digital」を搭載した単体プリメインアンプを出していますが、フルサイズ中心。手ごろなサイズと大きさに似合わないD級ならではのパワーを持った本機は当時は珍しい存在でした。デジタルアンプが珍しくなくなった現在、オンキヨーは本機の後継機を出すことはもうないのでしょうか?

●定格出力:80W+80W(8Ω、1kHz、全高調波歪率0.5%以下) ●実用最大出力:200W+200W(4Ω、JEITA) ●周波数特性:10Hz~60kHz(CD、+1dB/-3dB) ●全高調波歪率:0.08%(1kHz 1W出力時) ●SN比:100dB(LINE、IHF-A)、70dB(PHONO、IHF-A) ●スピーカー適応インピーダンス:4Ω~16Ω ●消費電力:195W ●最大外形寸法:275W×103H×328Dmm ●質量:7.5kg ●入力端子:7(PHONO、CD、TUNER、TAPE/CDR、MD、LINE、MAIN IN) ●出力端子:4(TAPE/CDR、MD、SW PREOUT、SPEAKER A/B)●ヘッドホン端子×1

引用元: ・●● ONKYO オーディオ 総合スレッド 2 ●●

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1411971903/ 【ONKYO A-933 あのデザインで新しいの出して欲しい】の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/15(日) 22:50:00.23 ID:HqO5nJnAr.net
高杉

引用元: ・vipperの高級イヤホン率wwwwww

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1426427400/ 【vipperの高級イヤホン率が高いのは金の使い方知らないガキが多いから?】の続きを読む

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/29(月) 19:27:40.51 ID:UkHmnwgj.net
オーディオ機器に暖色、寒色という分類は確かにあります。
ですが、最近では間違って使われることもしばしばです。

設置ミスで単に歪んでいるだけの音を寒色系と評してしまったり、
木製ボードの付帯音を乗せただけの音を暖色系と判断してしまったり、
逆に付帯音の乗ってないストレートな音を寒色系と判断してしまったり…

なかなかに使用が難しいこの「暖色系、寒色系」という用語を中心にオーディオ語りましょう。

引用元: ・暖色系、寒色系という分類について

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1435573660/ 【オーディオにおける「暖色系、寒色系」という用語の意味は?】の続きを読む

このページのトップヘ