音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


3

ラヴェル:ボレロ―ラ・ヴァルス―スペイン狂詩曲(クラシック・マスターズ)
1: brown_cat ★@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 11:07:04.46 ID:CAP_USER9.net
クラシック音楽の人気曲「ボレロ」、1日に著作権消滅
2016年05月01日 10:27 発信地:パリ/フランス

【5月1日 AFP】クラシック音楽でも指折りの人気曲で、ユニークな構成で知られる仏作曲家モーリス・ラベル(Maurice Ravel) のボレロ(Bolero)の著作権が、仏パリ(Paris)での初演から90年近くが経過する5月1日に消滅する。

 ボレロは1928年、ラベルの知人で支援者だったロシア人ダンサーのイダ・ルビンシュタイン(Ida Rubinstein)の依頼を
受けてバレエ曲として書かれ、同年11月22日にパリのオペラ座(l'Opéra)で初演された。

 曲の進行に合わせてオーケストラの音量が徐々に上がっていくのが特徴で、パターン化されたメロディーと、催眠術を かけるように繰り返されるリズムに困惑する反応があったものの、批評家らから直ちに絶賛され、間もなく世界各地で 演奏されるようになった。

 ラベルの全作品の著作権収入は総額4億ユーロ(約490億円)超で、このうちボレロによるものは1960年以降で5000万ユーロ (約61億円)前後と推計されている。著作権が消滅して「パブリックドメイン」になると著作権使用料は発生しなくなる。

 仏音楽著作権管理団体SACEMのローラン・プティジラール(Laurent Petitgirard)氏は、世界全体でみると10分ごとに どこかでボレロの演奏が始まるとよく言われるが、今後この曲は広告や映画でいっそう多く使われるようになるだろうと述べた。
(c)AFP/Franck IOVENE

http://www.afpbb.com/articles/-/3085833

引用元: ・【音楽】クラシック音楽の人気曲「ボレロ」、1日に著作権消滅 1960年以降で約61億円の収入

【ラヴェル 「ボレロ」、5月1日に著作権消滅】の続きを読む

westone_AM_PRO30

4月29日(金・祝)、30日(土)と中野サンプラザで開催された「春のヘッドホン祭2016」。

Westone製品を取り扱うテックウインドのブースでは、Westoneのプロ用IEM“AM Pro Series”の試聴デモが行われました。

AM Pro Seriesはカスタムではないユニバーサルタイプのインイヤーモニターで、「AM PRO 30」「AM PRO 20」「AM PRO 10」の3機種をラインナップ。

シリーズ共通の特徴は、Westoneとして初の「アンビエント機能」を搭載していること。ハウジングに穴を設けることで、ステージ上のミュージシャンがモニタリングしながら周囲の音も確認できるようにしているとのこと。筐体表面にある“Wマーク”が入った「TRUオーディオフィルター」がその役目を果たします。

アンビエント機能とは、一般的なカスタムイヤホンの場合、密閉度があがる反面、ミュージシャンが使用する場合は、自分の声や楽器の音をモニターを通して聴くことになるので耳が詰まったように感じ、違和感を覚えることがあります。そこで、ハウジングに穴をあけて、使用する際に外の音が聞こえるようにし、その違和感を和らげる機能のことです。

また、一般的なアンビエント型イヤモニは周波数レスポンスを下げてしまう傾向がありましたが、AM Pro Seriesでは独自の「SLEDテクノロジー」を搭載することで、周波数レスポンスを下げることなく、周囲の環境音とインイヤーシグナルを繋げられるようにしたと謳っています。

それぞれ搭載するBAユニット自体は同一ですが、ドライバー数が異なっており、AM PRO 30は3基、AM PRO 20は2基、AM PRO 10は1基となっています。

本体はリケーブルに対応しており、プラグ部はMMCXコネクターを採用。

AM PRO10
ドライバー構成:1BAドライバー
感度:114dB SPL@1mW
インピーダンス:25Ω@1kHz
再生周波数帯域:20Hz-16kHz

AM PRO20
ドライバー構成:2BAドライバー
感度:119dB SPL@1mW
インピーダンス:27Ω@1kHz
再生周波数帯域:20Hz-18kHz

AM PRO30
ドライバー構成:3BAドライバー
感度:124dB SPL@1mW
インピーダンス:56Ω@1kHz
再生周波数帯域:20Hz-16kHz

引用元: ・Westoneのイヤホン 37

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1461442942/ 【Westone AM PRO 30 ほか アンビエント機能搭載 新IEM 3機種 】の続きを読む

SENNHEISER_Orpheus_HE-1
独ゼンハイザーは、超弩級ヘッドホン「Orpheus」を日本国内での発表会を行うとともに、ヘッドフォン祭りでも試聴会を行いました。発表会では自身もオーディオマニアという俳優の高橋克典さんも試聴し、絶賛。

同社が70周年記念イベントで披露した、プロジェクト「Next Milestone」が正式にOrpheus後継機として発表したもの。当初、海外で「Orpheus」という名称で報道発表され、日本では「HE 1060」「HEV 1060」という名称で発表されましたが、グローバルでモデル名を統一し、「HE-1」として展開していくこととなりました。

価格は5万ユーロ(約600万円)程度の見込み。日本での販売時期や販売価格、販売方法は未定。

HE-1は、ハウジングにパワーアンプを内蔵したコンデンサー型のヘッドホンと、真空管を使ったプリ部やDACなどを搭載したベースユットで構成。

イタリアで切り出した大理石の台座に、8本の真空管を搭載しているデザインが目立つベースユットは、つまり、DAC+真空管式プリアンプ。チェコのJJ ELECTORONICの真空管を採用。ボリュームは真鍮削り出しで、クロームメッキ。

スイッチを入れると各種パーツが動いて出てくることも特徴で、ボタンを押すと前面のボタンがせり出し、真空管が上に現れる。さらにヘッドホンを覆うカバーが開かれ、ヘッドホンが登場する凝った仕掛けを搭載。

プリアンプ部の背面には背面には入力端子として、アナログRCA×1、アナログXLR×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、USB×1を搭載。出力はアナログRCA×1、アナログXLR×1を搭載。

ヘッドホン部分は「Orpheus」同様コンデンサ型。振動板にはセラミックを採用。そこにプラチナを蒸着したものを使用。非常に歪みが少ないのが特徴で、全高調波歪率は一般的なモニターヘッドフォンが0.3%程度、一般的なコンデンサ型が0.1%、ゼンハイザーのHD800が0.02%であるところ、さらにHE-1は0.01%を実現したとしています。さらに、再生周波数帯域は8Hz~100kHzを実現。当然ハイレゾ対応の広帯域ですが、なかなかこれほどのワイドレンジなヘッドホンはありません。

そして、意外なことに、パワーアンプはヘッドホンの左右ハウジングに、左右個別に搭載。ユニットの直近にアンプを配置する事で、ドライブ時のパワーロスを低減できるとしています。パワーアンプはクラスAタイプで熱を持つため、ハウジングには放熱用のスリットを装備しています。

非常に凝った内容と価格で話題になっています。どのような人が購入するのか、オーディオ愛好家ならずとも気になるでしょう。


引用元: ・Sennheiserのヘッドホンについて語るスレ126

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1457097456/ 【SENNHEISER HE-1 約600万円のヘッドホン!高橋克典さんも試聴イベントで絶賛!】の続きを読む


4月29日・30日の両日、中野サンプラザで開催されている「春のヘッドホン祭2016」。

アユートは、Astell &Kernの新製品として、ポータブルオーディオプレーヤーのAKシリーズと接続して使用するレコーダー「AK RECORDER」を発表。

AK 380/320/300に装着できるレコーダーユニット。6月発売予定で、グローバル価格は795ドル、日本での価格は未定。さらに「AK RECORDER Stereo MIC Kit for Professional」として、DPAのマイク「SC4061」を同梱したモデルも用意。

「究極の音楽プレーヤーには究極のレコーダーを」をコンセプトに作られたモデルで、ハンディタイプのレコーダーとしては世界で初めて、384kHz/32bitでの録音に対応したのが売り。DSD 5.6MHz録音にも対応しています。

入力はミニXLR、3.5mmステレオミニ、そしてAES/EBU デジタルオーディオ入力の3系統を装備。ファントムパワー供給(5V/48V切替可能)も行えます。

アドバンスドリミッター、ピークホールド、ローカットフィルター、プリレコーディングなどを搭載。それぞれをAKのDAPの画面でタッチ操作することができます。

マイク0.5dB、プリアンプ3dBずつのゲイン調整が行えるなど、多種多様な録音に対応。遠隔操作用アプリも開発中で、最大4台までの端末を同期して、遠隔コントロールできるようになるとしています。

384kHz/32bit対応ポータブルレコーダーがここから出てくるとは予想外でしょう。他のメーカーは追随するのか、静観するのか興味深いところです。ハイレゾ生録ブームをAstell &Kernは起こせるでしょうか?

引用元: ・【iriver】 DAP AKシリーズ 統合スレ 13台目

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1457791686/ 【Astell&Kern AK RECORDER AKシリーズに装着するDSD/PCMレコーダー!】の続きを読む

このページのトップヘ