音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


SONY_MDR-EX750NA

ソニーは、ハイレゾ対応ヘッドホン/イヤホンの新モデル「h.ear(ヒア)」をIFA2015にて発表。

オーバーヘッドタイプの「h.ear on」と、ノイズキャンセリングイヤホン「h.ear in NC」を10月10日より欧州で発売。また、ノイズキャンセリングのない通常イヤホン「h.ear in」も参考出展。「h.ear on」「h.ear in NC」ともに180ユーロ前後で販売される予定。

ここではh.ear in NCを詳しくご紹介。

型番は「MDR-EX750NA」。インナーイヤーイヤホンとして初めてハイレゾとノイズキャンセリングの両立を実現させたとのことで、ノイズキャンセリング機能を適用しながらハイレゾ音源を楽しむことができることが最大の特徴。

新開発の9mmダイナミックドライバーを搭載。振動板ドーム部分を小径化してそのまま音導管に音を放射する構造にることで、装着性を高めつつも40kHzまでの広帯域再生を実現させたとしています。振動板はエッジ部のコルゲーションも調整して低域再生能力の向上も図ったとしています。ハイレゾ対応に相応しいワイドレンジ化を図ったと言えそうです。

また、振動板の磁気回路にはマグネットをボイスコイルの外側に配置。これにより、振動板サイズに応じてマグネットも小さくせざるを得ない内磁型磁気回路での問題をクリアし、小型でありながら高感度を実現したとしています。アンプへの負担も軽減。

ノイズキャンセリングには、2つのマイクで騒音を感知するデュアルノイズセンサーテクノロジーにおるデジタルノイズキャンセリングを採用。ソニーのインナーイヤー型イヤホンとしては初めて採用。

バッテリーはUSBによる充電で、最長約16時間の駆動が可能。バッテリーが切れた場合やノイズキャンセリング機能をオフにした場合でも通常のパッシブイヤホンとして使用できます。また、ケーブル部にはスマートフォン用マイクリモコンも装備。

色は、同時発表されたウォークマン「A20シリーズ」に合わせた、ビリジアンブルー/シナバーレッド/チャコールブラック/ライムイエロー/ボルドーピンクの5色をラインナップ。

参考展示品の“h.ear in”「MDR-EX750AP」は、上記「MDR-EX750NA」からノイズキャンセリング機能を省いたようなモデル。NC機能が要らないユーザーにとってはこちらも注目です。

引用元: ・【SONY】XBAシリーズ総合 Part36【イヤホン】

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1435496577/ 【SONY MDR-EX750NA ハイレゾとノイズキャンセリングの両立を初めて実現したイヤホン!】の続きを読む

オンキヨー&パイオニアはドイツ・ベルリンで9月4日(現地時間)に開幕する国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2015」において、パイオニアブランドで初となるハイレゾ対応のポータブルオーディオプレーヤー「XDP-100R」を発表。欧州で11月に発売し、価格は未定。国内発売、価格も未定。追記:11月下旬発売、実売59,800円前後と発表されました。

200gを切る軽量なアルミ製筐体のDAP。4.7インチ/解像度1280×720のディスプレイを搭載。CPUはクアッドコア。OSはAndroid 5.1.1を搭載。取り外し可能なバンパーを備えたデザインで、外形寸法は75.9W×145.9×13.0Dmm(バンパー無し時)/75.9W×145.9H×13.9Dmm(バンパー有り時)。

内蔵ストレージは32GB。microSDカードスロットを2基搭載し、最大288GBまで増設することも可能。追記:発表会時点では「内蔵32GB+スロット128GB×2=最大288GB」という仕様でしたが、その後の開発で現在は「内蔵32GB+スロット200GB×2=最大432GB」までの動作が可能になっているとのことです。

DACはESS製の「ES9018K2M」を採用。再生可能なフォーマットは384kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/ALAC/AIFF)および11.2MHz DSD(DSD256)再生に対応(DSD128までネイティブで256ネイティブは外部出力で対応)。さらに、今後アップデートによってメリディアンのハイレゾ対応ロスレスフォーマット「MQA」再生に対応する予定。Wi-Fiを内蔵し、据え置きのオーディオ機器からワイヤレスで受信して、192kHz/24bitなどの音楽を再生することも可能。Bluetoothも搭載し、aptXコーデックもサポート。

ヘッドホンアンプには、SABRE「9601K」を搭載。アンプ部の出力は75mW+75mW(32Ω時)。インピーダンスは16~300Ω。アンバランス接続専用。

音質調整機能として、ロックレンジアジャスト調整やデジタルフィルター切り替え、クラブサウンドブーストなどを搭載。384kHzまでのアップサンプリング機能や、5.6MHz DSDへのリアルタイム変換機能なども装備。

端子は、本体上部に3.5mmステレオミニ端子、本体底面にmicroUSB端子。microUSB端子からは384kHz/24bitに加え、11.2MHz DSD信号をPCM変換して出力が可能。パイオニア「XPA-700」やオンキヨー「DAC-HA300」との接続では、11.2MHz DSDをネイティブ出力することが可能。

本体底面にはオンキヨー製スピーカーも用意。このような本格的なDAPでは異例の装備。

内蔵バッテリーは96kHz/24bitFLAC再生時で連続16時間の再生が可能。

Googla Playにも対応し、TIDALやSpotify、DEEZERといった音楽配信サービスが利用できるほか、YouTubeも視聴可能。ゲームやラジオなどのアプリを購入し、本機で楽しむこともできるのはAndroid機ならでは。また、ハイレゾ配信サイト「Onkyo music」(注意:国内のe-onkyo musicではなく、海外版)からダイレクトで音源購入が可能(FLAC形式)なのは、パイオニアがオンキヨーと合併したからこそでしょう。追記:国内ハイレゾ配信サイト「e-onkyo music」からダイレクトで音源購入が可能と発表されました。

MQAは、今後、ハイレゾ配信においてより拡大する可能性のあるフォーマットなだけに、いち早い対応は注目されます。おそらくe-onkyo musicでも使われるのでしょう。TIDALでも使用予定。

追記:PCとの連携アプリ「X-DAP Link(クロスダップリンク)」(対応OSはWindowsのみ)も用意。内蔵ストレージ/外付けmicroSDカードスロット(1) (2)などそれぞれの中の音源をひとつのリストに並べて表示可能。どこに保存されたものか、色で簡単に分かるようになっており、楽曲の管理や転送などを簡 便に行うことができるとしています。

さらなる情報が入り次第追記いたします。追記:10月14日国内発表に伴い、一部追記しました。

引用元: ・【音質】DAP総合スレ49 (apple・SONY製品除く)

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1440301598/ 【Pioneer XDP-100R パイオニア初のハイレゾDAP!】の続きを読む

SONY_NW-ZX100HN
ソニーはドイツ・ベルリンで9月4日(現地時間)に開幕する国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2015」に先立って、9月2日、「IFA 2015」プレスカンファレンスにおいて、新ウォークマン「NW-ZX100HN」など、多くのオーディオ系新製品を発表しました。

ここでは、今回ソニー・オーディオ系新製品のなかでも、愛好家の注目を最も集めたのは、ウォークマン上位機・NW-ZX100HNでしょう。高級DAPが国外メーカーも含めて鎬を削るなか、DAPの本家とも言えるウォークマンの新機種には俄然注目が集まります。

NW-ZX100HNは、NW-ZX1の後継と位置づけられるウォークマン上位機。ノイズキャンセルを使いながらのハイレゾ再生を可能とした点が最大の特徴となっています(追記:国内モデルNW-ZX100では異なります)。ZX1では128GBの内蔵メモリーでしたが、ZX100ではこれに加えてmicroSDカードスロットを新設し、最大128GB外部メモリーの使用も可能になりました。

音源はリニアPCMが最大192kHz/24bitのWAV/FLAC/ALAC/AIFF形式のファイル再生に対応。ZX1はファームウェアのアップデートによりDSD 2.8HzまでのリニアPCM変換再生に対応でしたが、ZX100でははじめからDSD 5.6MHzまでリニアPCM形式に変換しながら再生という形で対応。DSD再生時にはスローロールオフとシャープロールオフの2種類のデジタルフィルターが選択できるほか、リニアPCMと同じ音量レベルにゲインが設定できる機能はNW-ZX2と同等のものを追加。クロックはクロックは44.1kHz系用と48kHz系用を別々に設けてCDリッピングのソースの音もよりクリアに再現可能にしたとしています。

ヘッドホンアンプ部は、ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を継続投入。ハイレゾ未満スペックのCD音源や音楽配信の音源も良い音で聴けるよう、アップコンバート機能の「DSEE HX」も搭載。

ZX1からバッテリーなどを見直したほか、基板の見直し、OS-CONやフィルムコンデンサー、新たな高音質ハンダの使用などで音質面をさらにブラッシュアップしたとしています。ハイレゾ音源にイコライザなどの音質処理を加えられるのも特徴。ハイレゾ対応のノイズキャンセリングイヤホンが同梱。ヘッドホン端子はステレオミニのアンバランスのみ。

タッチパネル操作ではなくなり、ZX1ではAndroid OSでしたが、ZX100では独自の組み込みOSに変更。Wi-fiはなしで、ワイヤレス音楽再生はBluetoothベースになり、ハイレゾ相当の高音質なBluetooth再生が楽しめるLDACコーデックもサポート。

価格は700ユーロ。 国内発売日と価格はまだ未定。

グランド分離なし(ヘッドホンバランス駆動非対応)、32bit対応なし、DSDネイティブ対応なし、代わりにノイズキャンセリングがついているという形となりました。

このような仕様に対して、一部のコアなポータブルオーディオ愛好家からは早くも失望や疑問の声が上がっているようです。

これは、他のメーカーよりも、想定ユーザーが愛好家(マニア?)ばかりではなく、一般的な人も多いであろうソニーという企業の特質があるのかもしれません。DSDネイティブに対応しないのは、PWM変調のフルデジタルアンプを使っていることとも関係があるようで、仕方ないのかもしれません。

とはいえ、32bit音源については、いまや幅広いユーザーが聴きそうな有名アニソンが32bitで配信され、ソニー関連のmoraでも今後32bit配信もあるとするならば、対応できてもよかったようには思いました。

国内正式発表ありました。ハイレゾNCイヤホンを同梱しない、デジタルノイズキャンセルイヤホン同梱のNW-ZX100として発売。10月10日より発売。価格はオープンプライスで店頭予想価格は67,000円前後。

別売の「MDR-NW750N」(実売12,000円)利用時で、ハイレゾ再生とNCを両立して音楽を楽しめるようになっています。

引用元: ・SONY ウォークマン NW-ZX100 Part1

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1436807520/ 【SONY NW-ZX100 ウォークマン愛好家の皆さんの意見は?】の続きを読む

SONY_NW-ZX100HN
ソニーはドイツ・ベルリンで9月4日(現地時間)に開幕する国際コンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2015」に先立って、9月2日、「IFA 2015」プレスカンファレンスにおいて、新ウォークマン「NW-ZX100HN」など、多くのオーディオ系新製品を発表しました。

「NW-ZX100HN」は、NW-ZX1の後継と位置づけられるウォークマン上位機。ノイズキャンセルを使いながらのハイレゾ再生を可能とした点が最大の特徴となっています。ZX1では128GBの内蔵メモリーでしたが、ZX100ではこれに加えてmicroSDカードスロットを新設し、外部メモリーの使用も可能になりました。ヨーロッパでは10月に700ユーロ(94,500円)前後で販売される予定。

ハイレゾ音源はリニアPCMが最大192kHz/24bitのWAV/FLAC/ALAC/AIFF形式のファイル再生に対応。ZX1はファームウェアのアップデートによりDSD 2.8HzまでのリニアPCM変換再生に対応でしたが、ZX100では出荷時からDSD 5.6MHzまでリニアPCM形式に変換しながら再生できます。

ハイレゾ対応“ウォークマン”の新しいエントリーモデルとなる「NW-A20」シリーズも発表。

NW-A10シリーズの後継。ラインナップは内蔵メモリーの容量が異なる2機種。今回ヨーロッパで発売されるモデルにはハイレゾ対応のノイズキャンセリングイヤホンが同梱されることから、型番の末尾には「HN」が付く。「NW-A27HN」(64GB)が400ユーロ(約54,000円)前後、「NW-A25HN」(16GB)が280ユーロ(約37,800円)前後。

ハイレゾ音源はNW-A10シリーズと同じく、FLAC/WAV/ALAC/AIFF形式で最大192kHz/24bitまでのファイルが再生可能。DSD再生はPCM変換も含めて非対応という仕様もNW-A10シリーズと同様。

新ヘッドフォン/イヤフォンも発表。「h.ear」は、ヘッドフォンタイプの「h.ear on」とイヤフォンタイプの「h.ear in 」。さらに、ハイレゾとノイズキャンセル両対応の「h.ear in NC」。

いずれもハイレゾ対応で、豊富なカラーバリエーションを展開。ウォークマンとの組み合わせを想定。

「h.ear in NC」は世界初のハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリングイヤフォンが売り。

システムオーディオのCAS-1も発表。CAS-1は、PCやヘッドフォンとつないで卓上で使うコンセプトのデスクトップオーディオシステム。いわゆるミニコンの一種ですが、機能、内容は高品位。

価格は欧州では900ユーロが予定。日本での価格や発売時期は未定。

USB DAC搭載オーディオシステム。ネットワークには非対応。ヘッドフォン用のアンプ部は、同社のヘッドフォンアンプ「PHA-2」を流用。スピーカー用のアンプについては、ソニーのデジタルアンプシステム「S-Master」をベースにした完全新規設計のものが使われるとのこと。

駆け足で各機種の概要を紹介しました。今後個別機種についても詳しくご紹介する予定です。





このページのトップヘ