音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


potaken2017s_main

東京・中野のAV機器専門店・フジヤエービックが主催する「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2017夏」が、7月8日の土曜日に中野サンプラザの15階で開催されました。

韓国・iriver Astell&Kernブランドを扱うアユートは「Stainless Steel」モデルが発売となった新型高級DAP「A&ultima SP1000」の日本初公開となる銅筐体の「A&ultima SP1000 Copper」モデルを展示。Stainlessモデルとの聴き比べイベントを開催しました。音質の違いは当然あるでしょうが、どちらを買うかが悩みどころでしょう。 【A&ultima SP1000 Copper Stainlessモデルとの比較試聴デモ開催!】の続きを読む

東京・中野のAV機器専門店・フジヤエービックが主催する「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2017夏」が、7月8日の土曜日に中野サンプラザの15階で開催されました。

高級据え置きヘッドホンアンプを製造・販売している日本のマス工房は、フルバランスヘッドホンアンプの新製品「model 406」を出展。

トランジスタにこだわり、すでに生産が終了しているものをあえて採用したというこだわりの製品。価格も1,650,000円と驚き。近日発売とのこと。

「ポータブルオーディオ研究会」なのに思い切り据え置き専用の大型高額機が置いてあるのも面白いところ。まあ、ヘッドホンを駆動する機器ですから守備範囲ですが。
【マス工房 Model406 165万円のヘッドホンアンプ!】の続きを読む


ヒロモリは、クラウドファンディングのMakuakeにおいて、ユーザーの聴覚にマッチした調整を行ない、Bluetoothレシーバとしても機能するポータブルヘッドフォンアンプ「AUMEO(オウメオ) AUDIO」の支援募集を開始。目標金額100万円。先着60個の19,966円(税込)コース、200個の22,350円(税込)コースなどを用意。商品の配送は11月中を予定。7月8日開催のポタ研2017夏でも展示されました。



【AUMEO AUDIO 聴覚測定で音を最適化するヘッドホンアンプ!耳も守る!】の続きを読む



東京・中野のAV機器専門店・フジヤエービックが主催する「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2017夏」が、7月8日の土曜日に中野サンプラザの15階で開催されました。

大手から中小メーカーまでさまざまなデモ、新機種の発表がありました。今回の展示の中では個人的に面白いと思ったのは北鎌倉電子工作同好会による、ESSフラッグシップDACチップES9038PROを世界初のQUAD構成で使ったDAC「CrossOver DA1」。試作品というか内部基板のみの展示というのも見た目のインパクトも大。

まとまったレポート記事としてはやはりファイル・ウェブのものが見やすく、わかりやすいので、リンクをご紹介しておきます。
【ポタ研 2017 夏が開催!】の続きを読む

このページのトップヘ