音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


3
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 03:37:06.91 ID:CAP_USER9
http://image.dailynewsonline.jp/media/a/c/ace47f5e5f191f1768d0048d9d03b99a1c114c0b_w=666_h=329_t=r_hs=a031da32c586b44c5b1df937fb76e01e.jpeg
http://image.dailynewsonline.jp/media/6/8/680604d3d37ebd5f6fb4b528f00efce6ecef4275_w=666_hs=3054adf3f40441604615746d526a6d1a.jpeg

中森明菜の誕生日にあたる7月13日に、全世界999セット限定のアナログ・セットが発売されることが分かった。

同商品は、これまでにMCAビクター、ユニバーサル ミュージック、歌姫レコーズからリリースされたシングル18タイトルを一挙にアナログ化。

http://image.dailynewsonline.jp/media/c/e/ce9aae85b23a38a7863029acc000a75d89a105e0_w=666_hs=beed6fecaff42980c5d4425321a9ae0b.jpeg

さらに、「もっと身近で、手軽に聴けるレコードプレーヤーを!」をコンセプトに好評を博する
Amadana Musicレコード・プレイヤーのシリアルナンバー入り“中森明菜バージョン”をセットにして、全世界1000セット限定で製造、販売するという。

シリアルナンバーのNo.1は明菜本人に贈呈されることから、実質的には999セットが発売される。

no title


?販売価格は5万5000円(税別)「中森明菜オフィシャル・ファンクラブ」と「UNIVERSAL MUSIC STORE」での限定販売となります。

◆アナログレコード(全18タイトル) ? ※サイズ:7inch

・Everlasting Love / NOT CRAZY TO ME
・片想い / 愛撫
・夜のどこかで ?night shift?
・月華
・原始、女は太陽だった
・Tokyo Rose
・MOONLIGHT SHADOW-月に吠えろ
・APPETITE
・The Heat?musica fiesta?
・Days
・落花流水
・花よ踊れ
・DIVA Single Version
・Rojo -Tierra-
・unfixable
・FIXER -WHILE WOMEN ARE SLEEPING- Single Version
・赤い花
・初めて出逢った日のように


http://dailynewsonline.jp/article/1123630/
2016.05.01 00:00 Japan芸能カルチャー研究所

引用元: ・【音楽】全世界999セット限定! 中森明菜のシリアル・ナンバー入りアナログセットが発売決定!!

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462041426/ 【999セット限定! 中森明菜のシリアル・ナンバー入りアナログセットが発売決定!!】の続きを読む

Cayin+i5
4月29日・30日の両日、中野サンプラザで開催された「春のヘッドフォン祭2016」。

コペックジャパンは、CayinのDSD 5.6MHzネイティブ再生対応ポータブルオーディオプレーヤー「i5」を参考出展。発売時期は6月下旬~7月上旬頃を予定。価格はオープンで7万円前後での実売が予想。

OSはAndroid 4.4をベースにしたもので、同ブランド初となるAndroid OS搭載。SoCはCortex-A9(1.4GHzクアッドコア) 。4iインチTFT 800×400 IPS 液晶画面を搭載。本体に32GBのメモリーを搭載し、microSDカードスロットはひとつ搭載。4800mAhのバッテリーを搭載し、最大10時間の連続再生を可能にしています。

対応フォーマットは、DSD 5.6MHz(DSF/DFF/SACD-ISO)にネイティブで対応のほか、384kHz/32bitまでのWAV/FLAC、192kHz/24bitまでのAPE、96kHz/24bitまでのAIFF/WMA/AAC/OGG/MP3など。Wifi,Bluetooth,DLNA機能も搭載されています。

DAC部には旭化成エレクトロニクス(AKM)のAK4490EQ、アンプ部にはTI製LME49720/BUF634Uを2基搭載。 ヘッドホン出力は180mw+180mw (@32Ω)。

本機は今後主流になるであろうUSB Type Cを搭載しているのが大きな特徴です。ほか、3.5mm ヘッドホンアウト、3.5mmラインアウト、S/PDIF 同軸アウトを搭載しています。どうやらN5では搭載されていたバランスヘッドホン端子はないようです。

また、Cayinは、C5というUSB-DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプも参考出展していました。DACにはTi製のPCM1795を採用し、PCMは最大で96k/24bitまで再生可能、iPhoneなどとデジタル接続ができるのも特徴です。既発売のアナログポタアンC5 AMPをベースにしたモデルのようです。

引用元: ・【音質】DAP総合スレ59 (apple・SONY製品除く)

http://hanabi.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1461019251/ 【Cayin i5 ハイレゾDAPの新機種 Android搭載/USB 3.1端子装備】の続きを読む

FOSTEX_TE100

フォステクスは、ハイブリッド型イヤホン「TE100」を6月上旬より発売。価格は115,000円(税抜)。「春のヘッドホン祭 2016」のフォステクスブースにて披露されました。

FitEar(須山歯研)のエアーコントロール技術を採用したユニバーサル型のハイブリッド型イヤホン。

フォステクスがFitEarブランドのカスタムIEM「Air」にドライバーを提供していた関係で今回の製品化が実現。TE100では、FitEarからの技術提供によるエアーコントロール・アコースティックチューニングを採用しているのも特徴。通気穴の無い高密閉/高遮音性を可能にしています。

ダイナミック型ドライバーとBAドライバーのハイブリッドタイプですが、具体的なドライバー構成は非公開。このうち、ダイナミック型ドライバーは独自モジュール化構成(特許第3798402号)。密閉型では特にシビアとされる左右・個体ごとの差を減少させたとしています。

再生周波数帯域は10Hz~20kHz、感度は108dB、インピーダンスは17Ω。

複雑な形状を持つエアーコントロールシェルは、高精度3Dプリンターによって1台づつ製造。大量生産用の金型成形では不可能であったアコースティックチューニングを実現できたと謳っています。

ケーブルは着脱式で、コネクターは2PINタイプ。6N-OFCケーブルを採用。イヤーチップは、S/M/Lの3サイズと、ダブルフランジ・イヤーチップを付属。その他、ペリカンケース、メッシュポーチ、クリーニングブラシが付属。

引用元: ・【FOSTEX】フォステクスのヘッドホン 7【FOSTER】

http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1454088758/ 【FOSTEX TE100 FitEarの技術採用 3Dプリンター成形のハイブリッドイヤホン】の続きを読む

Astell&Kern_AK300

アユートは、Astell & Kernの新製品として、ポータブルオーディオプレーヤー「AK300」を「春のヘッドホン祭2016」にて発表しました。

5月下旬に発売。北米での価格は899ドルで、日本での価格は今後発表されます。

AK320をベースに、AK300番台のエントリー機という位置づけ。最上位モデル「AK380」(直販税込499,980円)、その下位モデル「AK320」(同249,980円)、さらにその下に位置するエントリーモデル。

本体色は新色のミッドナイトブラックを採用。筐体素材はアルミニウム。重量は205gとAK380よりも若干軽くなっています。

AK320の内蔵メモリーは128GBのところ、AK300は64GB。搭載しているDACは、AK380/320と同じ旭化成エレクトロニクス「AKM AK4490」ですが、上位2モデルがデュアルDACになっているところ、AK300はシングルDAC構成になっています。

再生可能フォーマットや機能などの仕様はAK320とほぼ同じ。

再生に対応するオーディオフォーマットはWAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF。PCMは192kHz/24bitまで、それを超える352.8kHzは176.4kHz、384kHzは192kHz、32bitは24bitにダウンコンバート再生。DSDはネイティブ再生ではなく、PCM 176.4kHz/24bitへの変換再生となります。96kHz/24bitまでの対応となるUSB-DAC機能も搭載するものと思われます。

端子類は3.5mmのアンバランスヘッドホン/光デジタル兼用出力、2.5mmのバランスヘッドホン出力端子を搭載。

無線LAN機能やBluetooth機能、4インチのディスプレイを搭載。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/nに対応。Bluetoothはバージョン4.0で、コーデックはSBCとaptXに対応。ほか、AK300やAK320、AK380と接続して使用するレコーダー「AK RECORDER」にも対応しています。

20バンド、0.1dB刻みで調整できるパラメトリックEQ、DLNA対応のネットワーク機能「AK Connect」も搭載されているものと思われます。

せっかくの新製品ですが、DAP愛好家のネット上での意見は期待はずれ的なものが多いように見受けられます。DAP界は、つい先日、バランスヘッドホン端子の規格統一の話が出たばかりで、今後の業界の動向もこれまでのように次々と新製品は出しにくい状況になりました。愛好家も様子見といったところでしょうか。

引用元: ・【iriver】 DAP AKシリーズ 統合スレ 13台目

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1457791686/ 【Astell&Kern AK300 新ハイレゾDAPも早速微妙?】の続きを読む

このページのトップヘ