音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


14_thumb


2月8日、東京・中野サンプラザにて「ポタ研2020冬」が開催。

S'NEXTは、finalブランド「B series」より開発中のプロトタイプ2機種を参考展示。プロトタイプはB seriesで制作されていますが、「A series」として製品化できたらとファイルウェブのニュース記事では記されています。価格は10,000円くらいに設定される予定とのこと。

「A series」というと20万円クラスの堂々たるハイエンド機・A8000があります。そのシリーズでいきなり1万円というのも大変な落差です。それだけ自信のあるハイコスパ機ということなのでしょう。

【final A series試作品?をポタ研2020冬で展示!20万円から一気に1万円!?】の続きを読む

vr1


七福神商事は、同社が取り扱う中国・SIMPHONIO(シンフォニオン)ブランドより、有線カナル型イヤホンの高級機「VR1」を2月22日に発売します。価格は279,800円(税込)で、カラーはガンメタル。予約受付は2月8日より開始。同日に開催された「ポタ研2020冬」にて発売前展示が行われ、試聴も行われました。

【SIMPHONIO VR1 セラミック採用の高級D型イヤホン、28万円!】の続きを読む

AP_80_PRO_grande


2月8日に東京・中野サンプラザで開催された「ポタ研2020冬」。HiBy/HIDIZSブランド等を取り扱う飯田ピアノが独自の展示会を開催しました。HIDIZSブランドでは、昨年末発売済みの小型USB-DAC「S8 DAC」をはじめ、現在発売中の小型DAP「AP80」、その上位としてバランス接続に対応した発売予定の新製品「AP80 Pro」が展示されました。

AP80 Proはコンパクトな2.5mm径バランスイヤホン端子搭載DAP。2基のESS9218Pチップを搭載。高性能FPGAチップであるHBC3000も採用。DSD 256、PCM 384/32、ISOなどの音楽ファイルを幅広くサポート。OSはHiBy OS。

サムスンの2.45インチ480x360 IPS HDタッチディスプレイを採用。ホイールノブにより、片手で簡単に操作可能。BluetoothはLDACにも対応で双方向対応。

また、HiByブランドでは、フラグシップモデルのAndroid搭載DAP「R8」を出展。国内で流通するブランドとしては初めてのSIMカードスロット搭載DAPで、4G通信が可能となっているのが特徴です。

【HIDIZS AP80 Pro / HiBy R8 ほか、ポタ研2020冬の便乗イベントで展示!?代理店は大変?】の続きを読む

このページのトップヘ