音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


1c90cf6e-s

1: 風吹けば名無し 2018/08/14(火) 09:50:12.47 ID:B5DRaQp40
100均ショップ・ダイソーで買える216円のイヤホンは、あるセッティングをすることで、まるで3万円超えの高級イヤホンのような音質に大変身させられます。ダイソーの216円イヤホンは、ボール・カップ・ラウンドの3タイプ。この高音質化テクによって話題になり、売り切れ店が続出しているといいます。

まずはダイソーのイヤホンの実力をチェックしてみます。聞いてみると低音が軽くスカスカで、全体的にこもった印象。お世辞にも音質が良いとはいえません。
そこで利用するのが、メディアプレーヤーアプリなどに搭載されているイコライザ機能です。中音域(900Hz程度)を限界まで下げ、逆に高音域は上げます。低音はブーストしてみましょう。

これだけでダイソーの激安イヤホンが、まるで3万円超えの高級機のような音に大変身します。今回、使用したアプリは「Onkyo HP Player」。オーディオメーカーならではのクオリティを追及して開発したミュージックアプリです。

https://www.excite.co.jp/News/it_g/20180813/Radiolife_25461.html

引用元: ・【朗報】ダイソーで買える216円のイヤホンを3万円超えの高級機の音質にできるらしい

http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1534207812/ 【ダイソー216円イヤホンを3万円超クラスに高音質化する方法?】の続きを読む

BeoplayE8_RacingGreen

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワンミングク MM3a-kwHa) 2018/08/11(土) 14:03:07.58 ID:MJnF5sh5M
TWSバブルは過ぎた感じ
結局Airpodsや700Nが売れてBOSEやE8が定番で残ってる状況
他のは出ては消えていく

引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part40

http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1533953555/ 【Beoplay E8に数量限定の新色「Racing Green」!】の続きを読む


1: シャチ ★ 2018/08/15(水) 01:39:31.77 ID:CAP_USER9
8/14(火) 13:23配信 The Telegraph
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-clc_teleg-int
【記者:Joseph Archer】
 携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けることによって、失明が早まる可能性があるとする研究論文がこのほど、英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

 米オハイオ州のトレド大学(Toledo University)による新たな研究では、デジタル端末から発せられるブルーライトによって、目の光受容細胞を死滅させる有害化学物質の発生が誘発されることが明らかになった。こうした状態は最終的に、視野の中心部に影響を与える黄斑変性症の進行を早める可能性がある。50歳以上の人々の約7人に1人には、この疾患のなんらかの兆候がみられるが、治療法はまだ見つかっていない。

 同大学のアジス・カルナラスン(Ajith Karunarathne)博士は、「私たちはしょっちゅうブルーライトにさらされているが、眼球の角膜と水晶体はそれを遮断したり反射したりすることができない」と述べている。

 ブルーライトは、他の色に比べてエネルギーが強く、波長が短いため、ブルーライトから受けるダメージは、より大きくなる可能性がある。

 研究チームは、暗い場所でデジタル端末を使用すると、瞳孔が開き、より多くのブルーライトが眼球内に届く可能性があるため、暗い場所での使用は避けるべきだと指摘している。


引用元: ・【研究】スマホのブルーライトで失明早まる可能性 米トレド大

【ブルーライトで失明早まる可能性】の続きを読む




ソニーは8月10日に、香港でイヤホンの高級機を3機種発表。全く新しいシリーズでもあり、価格の高さもあって、驚きを持って受け止められました。

内容的にはハイブリッド型とマルチBA型。


一方で、ソニーのダイナミック型イヤホンの名機と言われたMDR-EX1000が、この時期に生産完了、販売終了となるという情報も入ってきています。

高級イヤホンの多くがハイブリッド型とマルチBA型となってはいますが、ダイナミック型で高音質を狙うイヤホンも一部ではあるだけに、ソニーにもこの路線もしっかり残して頑張って欲しいと思います。ですから、MDR-EX1000は生産完了となりますが、ぜひ、後継機や新機種の登場も期待します。

【MDR-EX1000 生産終了/販売終了へ!後継機は?】の続きを読む

このページのトップヘ