音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


AMP9
ポタフェス2018冬。iBasso Audioのブースでは、ハイレゾプレーヤー「DX200」、「DX150」、「DX120」を展示。

さらに、アンプ交換対応機DX200/DX150向けの別売アンプモジュール「AMP9」も参考展示。コルグが開発した次世代真空管「Nutube」を使ったもので、25,000円程度になる予定。

また、DX200の筐体を無酸素銅で作り、金メッキを施し、内部回路も刷新したという「DX200Gold」も参考展示。価格は未定だが、35~36万円をイメージしているとのこと。「DX200Gold」にもAMP9は使用できます。

Nutube搭載DAPというと、CayinのN8がありますが、高価。その点、AMP9ならDX200/DX150との組み合わせで比較的リーズナブルにNutube搭載DAPを実現できます。

なお、N8でも実現できていない「Nutube動作時のイヤホンのバランス出力」についてはAMP9でも非対応。イヤホン出力は3.5mm径ステレオミニのみとのことです。

【iBasso Audio AMP9 Nutube搭載DX200/DX150専用アンプモジュール!】の続きを読む


ティアックは、独beyerdynamicのプロフェッショナル用ヘッドフォン製品について、11月30日をもって取扱いを終了。新たにサウンドハウスが正規輸入代理店となり、ティアックはコンシューマーシリーズのヘッドフォンのみ取り扱う。

ティアックが取り扱いを終了する製品は、「DT 1990 PRO」や、「DT 990 PRO」、「DT 109」などの各シリーズと、これらのケーブルや交換パッドなど。なお、「DT 990 Edition 2005」シリーズと、「DT 880 Edition 2005」シリーズは引き続き取り扱う。

ティアックがこれまで販売していた製品を含む今後の修理、サポートなどのサービスは、後日改めて同社サイトで案内される予定。

【ティアックが取り扱い終了する製品】
DT 108シリーズ、DT 109シリーズ、DT 1350シリーズ、DT 150シリーズ、DT 1770 PRO、DT 1990 PRO、DT 250シリーズ、DT 252、 DT 280 MK2シリーズ、DT 290 MK2シリーズ、DT 770 M、DT 770 PROシリーズ、DT 880 PRO、DT 990 PRO




784: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイWW 529f-xVue [27.92.245.16]) 2018/12/04(火) 19:14:07.61 ID:gNbnt2NA0
そういやDT1770って生産終了したの?
eイヤのページにそう書いてあるけど

引用元: ・ヘッドホンは beyerdynamic))))51

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1528495058/ 【beyerdynamicプロ用ヘッドホンの代理店がティアックからサウンドハウスへ移管!】の続きを読む

ポタフェス2018冬。いわゆる低価格の完全ワイヤレスイヤホンも多数展示され、なかでも、1万円以内の定番モデルとされる「Havit G1」の後継機となる「Havit G1 Pro」が展示されたとの情報があります。 従来よりも筐体が小型化され、装着性も改善、充電周りも改善ということが以下のまとめからはうかがえます。

いまのところ、国内販売元や大手オーディオニュースサイトでの情報はなく、ツイッターでも見られないので、不確定性の高い情報であることをご了承ください。続報があればまた取り上げる予定です(上記写真は現行のG1です)。

【Havit G1 Pro ポタフェスに展示!G1後継機?】の続きを読む





バーチャルYouTuberのキズナアイと、オーディオブランドAVIOTが初コラボしたBluetoothワイヤレスイヤホン「WE-D01c-kzn」が、2019年1月10日に発売。予約受付は12月15日から開始。価格は5,980円(税込)。

ベースモデルは「WE-D01c」。カラーリングやポーチなどの付属品のデザインの変更に加え、日本語音声のガイダンスの声を全てキズナアイが担当しているのが大きな違い。「電源オン」、「ペアリングしています」などの声が、全てキズナアイの新規収録ボイスとなっています。

イヤホン本体は、キズナアイのルックスをイメージし、ホワイトを基調としたカラーリングになっているほか、装着安定性を高めるイヤーウイングは、キズナアイの“ぴょこぴょこ”をモチーフとしたピンク色に、ハウジングにはキズナアイの胸元のリボンをイメージしたブラックのラインをデコレート。

イヤーウイングとイヤーピースにはピンクとブラックの2色が付属。収納用ポーチにはAVIOTとA.I.Channelのダブルネームロゴを印刷。ポーチのカラーリングもキズナアイをイメージした専用のもの。

ポタフェス2018冬のAVIOTブースでも試聴機が展示されました。

【AVIOT WE-D01c-kzn キズナアイコラボのBluetoothイヤホン!】の続きを読む

このページのトップヘ