音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


653: SIM無しさん (ワッチョイ bdee-itcO) 2018/01/21(日) 08:49:24.44 ID:/ka/4jSU0
here are the dimensions from the documents
overall length x width - 152.79 mm x 72.42 mm
overall diagonal - 165.695 mm
screen diagonal: 145 mm - 5.7 inches

XZ Premium for comparison
overall length x width - 156 mm x 77 mm
no title

no title

18:9 - 76.1% screen to body ratio
no title

16:9 - 81.2% screen to body ratio
no title

https://www.esato.com/board/viewtopic.php?topic=208698&start=1125

FCCでXZPより一回り小さくて5.7インチの機種が通過した
どうせ16:9だから画面占有率は81.2%にもなるそうだ
SIMスロットの位置も上側に移動してるからデザインが変わるのも間違いないだろう

引用元: ・Sony Mobile 次世代Xperia 総合164

http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/smartphone/1515883742/ 【【悲報】SONY 新型Xperia フラグシップ機でついにイヤホンジャックを廃止する模様】の続きを読む


525: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイW bf9f-imVQ) 2017/12/10(日) 07:11:33.35 ID:TLTJCfeA0
IE800Sで失敗したからしばらく大人しくしとくよ

引用元: ・【100k~】最高級イヤホン専用スレPart8

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1511493340/ 【IE800S 高級イヤホンスレでは酷評の嵐!?】の続きを読む



マッキントッシュのエントリークラスのプリメインアンプが新機種になりました。従来機MA5200(販売終了時は40万円)の後継機。

新機種はMA5300。2017年12月に55万円(税別)で発売。

100W+100W(8Ω)、160W+160W(4Ω)の最大出力。 放熱効率を高めたという新デザインのマッキントッシュ・モノグラム・ヒートシンク( McIntosh Monogrammed Heatsinks™)を採用。

新DA1デジタルモジュール採用。全てのデジタル入力を独立したスロットイン・モジュールに統合し、モジュール交換で将来の新フォーマットに対応可能。 標準状態でDSD256およびDXD384対応デジタル入力を備えるハイスペック。

6系統のアナログ入力と6系統のデジタル入力を搭載。マッキントッシュ独自のテクノロジーと機能(パワーガード、セントリーモニター、パススルー、HXDヘッドホン出力、パワーコントロール)を多数採用。

MMカートリッジ対応フォノ入力を装備。 Bass(低域)とTreble(高域)それぞれ-12dB〜+12dBの範囲で調整可能なトーンコントロール搭載。 リモコンも付属。マッキントッシュ伝統の漆黒ガラスフロントパネルも装備。外形寸法:W445×H152( 脚部含む )× D503mm( 突起部含む )、重量:17.2kg


MA5200もUSB入力を備えていましたが、32bit/192kHzまでに対応し、DSDは非対応でした。出力などは同じ。機能面ではトーンコントロールはありませんでした。フォノは同じくMM対応。より詳しくは以下の記事で。
McIntosh MA5200 ほか11月から大幅値下げ!

いずれも出力オートフォーマーの無いマッキントッシュとしてはエントリーになりますが、一般的には十分にハイクラス。機能面では最新のハイスペックUSB-DACを内蔵しているので、デジタル入力前提ならコスパは高いと言えそうです。ヘッドホンアンプも何気に強化しているようです。あまり重視する項目ではないでしょうが。

【McIntosh MA5300 プリメイン新機種!MA5200後継機!比較しての違いは?】の続きを読む

このページのトップヘ