音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


APS-DR008
パイオニアは、PCオーディオ機器などに接続することでノイズ低減と音質向上を実現するというオーディオアクセサリーのDRESSING「APS-DR008」を12月に発売。受注生産で価格は35,000円。

DRESSINGシリーズは、USB端子に接続するだけで電源ノイズや信号ノイズを低減し、音質向上をはかる"USBサウンドクオリティアップグレーダー"。USB端子とUSBポートを装備。USB端子を搭載するネットワークオーディオプレーヤーやUSB-DACとPCの間などに接続して使います。

すでにフラグシップ「APSーDR003」(100,000円)から入門機「APS-DR001」(6,000円)まであり、これで全4モデル展開。

APS-DR008は、DRESSINGシリーズの中級機。内部制振構造を見直し、高級感のあるアルミ削り出しボディを採用することで、ノイズ原因となる振動を抑制。低域の力強さと高解像度を両立し、高域についても高解像度と歪感を抑えた澄みきった音を実現するとしています。外形寸法は20×60×12mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は26g。

ソニーの高音質SDカードなどと並ぶ、オカルトオーディオ的アイテムとして一部で有名になっているようです。PCオーディオにおいて、USB接続ラインでのノイズ低減自体は音質的にメリットがあるとは思いますが、内容と価格次第でしょう。

パイオニアのオーディオ自体危ないのにこんなことをしていていいのか、など、冗談では済まない領域で賛否両論があります。このシリーズでパイオニアのオーディオ機器ビジネスが復活するというなら、多少のことには目を瞑りたい気分ですが、そんなものでもないでしょう…。

【Pioneer APS-DR008 謎の音質向上USBメモリ型アクセサリー新モデル!】の続きを読む

EP-T1

AUKEYは、完全ワイヤレスイヤホン「EP-T1」を発売。Amazon.co.jpでの通常価格は5,999円(税込)ですが、10月25日まで38%オフの3,699円(同)で購入できるクーポン(クーポンコード:AUKEYEPT1)を500個限定で用意(もう終了してしまったようです)。

Bluetooth 4.2準拠で、片耳5gと軽量。連続音楽再生時間は最大4時間。バッテリー内蔵の充電ケースが付属し、収納しながら約6回充電して最大24時間使用可能。自動接続機能により、充電ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングした機器と繋がって使用できます。

本体のマルチボタンで音楽再生/一時停止/曲送り/曲戻しや、音量調整、着信応答などの操作が行なえ、本体内蔵マイクでハンズフリー通話が可能。

特に性能面での特徴はなく、手頃な完全ワイヤレスイヤホンといったところ。他にもOEM供給されているようなモデルですが、本機の場合はアマゾンでライトユーザー中心に人気と知名度のあるAUKEYの名前が付いていることがポイントでしょうか。

初回の安売りは終わりましたが、今後もこの価格でセールされることもありそうです。現在はいきなり在庫切れですが、近いうちに通常販売は再開されるでしょう。
【AUKEY EP-T1 5,999円で24時間聴ける完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む


ロジクールは、同社傘下のJaybirdのBluetoothイヤホン新モデル「Jaybird X4」を10月11日に発売。参考価格は16,880円(税抜)。

スポーツ向けイヤホンであるこれまでのXシリーズの特徴を盛り込みながら、X4では防汗だけではなく、新たにIPX7相当(30分間1mの水深に水没しても製品に浸水しない)の防水対応化。

2時間の充電でバッテリー駆動時間は8時間となり、より長時間使用できるようになりました。

イヤーフィンは新たに柔らかなシリコン製のものを採用したほか、イヤーピースについても、非常にソフトなシリコン製として、定評のあるフィット性についてもさらに高めています。短時間でケーブルをまとめられる新機構も採用。

またリモコン部も小さくして使い勝手を向上。マイクの性能も向上させ、通話や音声アシスタントの利便性を高めています。

スマートフォンアプリ「Jaybird」アプリと本製品を接続することで、ビジュアルイコライザーを用いて低音のブーストや高音・中音域の強調など様々なカスタマイズが可能。設定は製品本体に保存され、アプリとの接続が無くてもカスタムした状態で使用可能。

スポーツ向けに定評あるBluetoothイヤホンの第4世代モデル。着実に使い勝手、装着性は向上しているようですが、音楽再生時の高音質へのこだわりはそれほどでもないようです。特に明記はないため、SBCコーデックのみ対応でしょう。

プラントロニクスも完全ワイヤレスイヤホンを出してきましたし、Jaybirdもそろそろでしょう。

【Jaybird X4 スポーツ向けBTイヤホン新モデル!X3と比較しての違いは?】の続きを読む

ソニーは、民生用として世界初となる4層構造、128GB容量のBD-Rメディアを11月10日に発売。オープン価格で、店頭予想価格は1枚パックの「BNR4VAPJ4」が1,500円前後、3枚パック「3BNR4VAPS4」が3,900円前後、5枚パック「5BNR4VSPS4」が6,000円前後。




【SONY BNR4VAPJ4 世界初の4層128GB BD-Rを11月発売。新4K衛星放送の録画用にも!】の続きを読む

このページのトップヘ