音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


OptomaUHD65

オーエスプラスeは、同社が取り扱うOptomaブランドより、HDR対応の4K DLPプロジェクター「UHD65」を10月下旬に発売。オープン価格で実売は50万円未満の見込み。

画素数830万画素で、HDR10に対応。また、シングルチップの採用により筐体の小型・軽量化を実現。さらに、映像を最適な状態に自動調整するオプトマ独自の映像エンジン「ピュア・エンジン」を搭載。

テキサス・インスツルメント社が開発した4K UHD用のDLPシングルチップを採用。縦横ともにフルHDの2倍となる約415万枚のミラーを実装。さらに、1秒間に9,000回以上の高速スイッチングを可能とするXPR技術と、フレーム毎に2つの画素を投写する技術により、830万画素(2,716×1,528×2)の投写を実現。4K UHD映像の投写を可能としています(いわゆるずらし)。

4Kプロジェクターとしては小型・軽量化も実現。外形寸法は498W×153H×331Dmm、質量は7.8kg。

色域は、BT.709を100%、BT.2020を50%、DCI-P3は77%をカバー。HDRはHDR10に対応。ドルビービジョンには非対応。SDRコンテンツをHDRのように見せるという「SDR→HDR」機能も装備。

レンズは、本機のために開発された新たな専用レンズを搭載。輝度は2,200ルーメンで、コントラスト比は1,000,000対1。水銀ランプ使用で、寿命は最長で約15,000時間。1.6倍の光学ズーム機能を搭載し、上下±15%のレンズシフトに対応。なお、120インチの投写に必要な距離は3.69~5.9m。ステレオスピーカーを内蔵し、本機のみで映像と音声を再生可能。騒音値は、エコモード時で25dB。

入力端子は、HDMI端子を2系統(1系統はHDMI2.0/HDCP2.2/MHL2.1対応、もう1系統はHDMI1.4a)、VGAコンポーネント/アナログ音声入力(3.5mm)を1系統ずつ。出力端子は、USB/光デジタル音声出力/アナログ音声出力を1系統ずつ。

ネイティブではなくとも、4K/HDR対応プロジェクターとしては安いように見えますが、米国価格は2500ドルだとか。国内価格がもっと安くなる余地があるのは残念です。これから発売のソニーのネイティブ4K解像度・HDR対応SXRDプロジェクター「VPL-VW245」が55万円ですし…。

【Optoma UHD65 4K/HDR対応のDLPプロジェクター 50万円未満!】の続きを読む

X7_2_3

海外で既に販売中のFiiO新フラグシップDAP・X7 Mark II($649.99 / 4498元)。

X7の後継機で、DACチップが「ES9028S」から「ES9028PRO」にグレードアップ。内蔵メモリは64GB、スロットは2基に強化。2GB RAM搭載で動作をスムーズ化。そしてアンプモジュール構造を踏襲しつつ、標準状態で2.5mmバランスヘッドホン出力に対応するAM3Aを装着。大きさ、重量もいくらかコンパクト化。急速充電にも新たに対応しました。出力、対応インピーダンス、周波数帯域、SN比なども向上しています。

FiiO愛好家の皆さんはX7との比較だけでなく、X7より後に発売されたX5 3rd generation(国内実売3.6万円)との比較にも興味があるようです。

デュX5 3rdは「AK4490EN」デュアル搭載や2.5mmのバランス出力を備え、AndroidベースのUIや3.9型タッチ液晶を採用するなど、これまた価格を超えたハイコスパ機。クリスタルオシレーター(TCXO)とローパスフィルターもデュアル構成。TCXOは44.1kHz系と48kHz系にそれぞれ専用のものを搭載。スロットも2基。再生対応ファイルもこの価格としては十分。

USB-DAC機能、USBオーディオ出力機能、同軸デジタル出力、Bluetooth対応なども装備。急速充電にも対応します。

X7 Mark IIについてはこちらで詳しくご紹介しています。
FiiO X7 Mark II 海外発売中!ES9028PRO搭載フラグシップDAP!

なるほど、X5 3rdも機能面ではX7 Mark IIに肉薄しています。X7シリーズ特有の「交換式アンプモジュール構造」と、上位機としての音質、にこだわらなければ十分かもしれません。

【FiiO X7 Mark II とX5 3rdの違い、比較は?】の続きを読む

このページのトップヘ