音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



アンカー・ジャパンは、Anker史上最高音質を実現したというBluetoothスピーカー「Anker SoundCore Pro+」を4月20日より発売。価格は13,480円(税込)で、発売初日のみ500個限定10,000円(税込)で販売。

Bluetooth 4.2対応のポータブルスピーカー。内蔵アンプの最大出力は12.5W×2ch。内蔵バッテリーで18時間連続再生でき、IPX4防水にも対応。NFCペアリングもサポート。AUX入力を備え、有線接続も可能。

Ankerのオーディオ技術を投入した「SoundCoreシリーズの決定版」と位置づけ、高性能DSPや、フルレンジドライバー2基、ツイーター2基を搭載したステレオ仕様。「低音から高音までのあらゆる音域で歪みの少ない高音質サウンド」と高音質ぶりをアピール。

低域は、Anker独自技術のBassUpテクノロジーで強化。小音量でも深みのある迫力サウンドを追求したとしています。

モバイルバッテリーに定評あるメーカーらしく、8,000mAhもの大容量バッテリーを内蔵し、最大18時間連続再生できるほか、5V/2A出力のUSBモバイルバッテリーとしても利用可能。USB端子からスマートフォンやタブレットなどを充電できます。

周波数特性は65Hz~20kHz。外形寸法は約204×72×69mm、重量は約760g。充電用のmicroUSBケーブルなどが付属。

低価格でもそこそこ以上のパフォーマンスで人気のメーカーだけに、音質がよいにしても多少高価な印象。この価格ともなると、有名メーカーの機種にも近づいてしまいます。それでも、それらと拮抗、凌駕するほどの高音質ならいいのですが、そこまでのクオリティーになっているのかは判断が難しそうです。

おそらく時々、セール価格での販売になるのでしょうが、それがいくらなのかも重要でしょう。
【Anker SoundCore Pro+ Anker最高音質のBTスピーカー!?】の続きを読む

amadana SPINBOX
amadanaは、組み立てるとレコードプレーヤーになる世界初のDIYキット「SPINBOX」の国内販売権を取得、5月下旬に銀座十字屋から販売開始。価格は15,000円。カラーはブラック、キャンバス、キャラメル、マーブルの4色。

SPINBOXは、世界初となる組み立て式のポータブル・レコードプレーヤー。パッケージ内に同梱されるプレーヤーのパーツやアンプ、スピーカーを5段階で組み立てることで、オーディオ工作初心者でも約20分ほど完成できるとしています。

購入後に自身で組み立てるレコードプレーヤーのキット。プレーヤーのパーツやアンプ、スピーカーを同梱。機材などの追加購入は不要で、5ステップ/約20分の組み立てで完成するとしています。

カートリッジ・タイプはセラミック型。レコード再生は33 1/3、45、78回転に対応し、7/10/12インチのレコード盤を再生可能。

外装には耐水性の高い紙素材を使用。軽量で持ち運びにも便利。本体部分にアンプおよびスピーカーを内蔵し、電源供給にはmicroUSB端子を使用。これにより、モバイルバッテリー給電でどこでもアナログレコードが楽しめます。

ライン入力/ライン出力・ヘッドホン共用端子を1系統ずつ装備。レコードの音を外部機器から出すことも、本機をアクティブスピーカーとして外部機器の音を鳴らすこともできます。

外径寸法は321W×101H×283Dmm(突起部含む)、質量は約1.2kg。

初心者向けの安価なスピーカー内蔵型レコードプレーヤーは他にもありますが、紙を使った組み立てキットという違った方向性で存在感を示そうという意欲作。

“世界初の組み立て式”ポータブルレコードプレーヤーとは意外です。とっくにどこかが出していそうなものですが。おそらく、「ポータブル」としては初めて、という意味のようです。

音質云々を語るものではありませんが、幅広いライトユーザーにアピールできそうな製品ではありましょう。
【amadana SPINBOX “世界初の組み立て式”ポータブルレコードプレーヤー!】の続きを読む



HD820_1


ゼンハイザージャパンは、4月28日(土)・29日(日)に東京・中野サンプラザにて開催される「春のヘッドフォン祭 2018」の出展情報を公開。今年CESで発表された同社の密閉型ヘッドホン最上位モデル「HD 820」の参考出展を行うと発表しました。現時点での国内発売時期、価格等は未定です。

CES発表時の製品情報は以下でご紹介済みです。
SENNHEISER HD 820 ハイエンド密閉型ヘッドホン!約2,400ドル!

その他にも同社のヘッドホン、イヤホン製品を一斉に試聴するとのこと。展示予定製品は以下のとおりです。

展示予定製品
「HD 820(参考出展)」「HE 1」「HDV 820」「HDVD 800」「HD 800S」「HD 800」「HD 700」「HD 660S」「HD 650」「IE 800S」「IE 800」「IE 80S」「CX 6.00BT」「CX 7.00BT」「M2 IEBT」「M2 IEBT SW」 【ゼンハイザー HD820 「春のヘッドフォン祭 2018」に参考展示へ!】の続きを読む

低価格でも高音質な中華イヤホンメーカーといったら今やKZ。現在も最新製品のZS10がまだ届いていない人もいるほどの状況のなか、また新製品情報が。

なんと片側12BAドライバー搭載という「ES4」を発売するようです。本国価格で5千円以内に収まる、いわゆる低価格帯のイヤホンで人気機を送り出し続けているKZですが、いくら何でもこの構成だと一体いくらになるのか気になります。

5千円は無理でも1万円以内に収めるくらいの離れ業をやってくれそうではあります。続報が大いに注目です。

56: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイWW 73ab-5YFy) 2018/04/18(水) 06:51:36.80 ID:KOhre8vT0
AliのKZオフィシャルに、ES4の発売予告出てるぞ。
見た目ZS10にそっくり。


引用元: ・低価格でナイスな中華イヤホン Part61

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1523952604/ 【KZ ES4 低価格イヤホンの雄から何と12BAドライバー機登場か?】の続きを読む

このページのトップヘ