音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


HIFIMAN_logo
日本国内で、ハイレゾポータブルオーディオプレーヤーや、平面型振動板を採用したヘッドフォンなどを展開している中国・HIFIMANは、日本におけるセールス、マーケティング、カスタマーサポート業務の強化のため日本国内拠点HIFIMAN JAPANを設立。この6月16日より業務を開始。今後、製品関連情報の発信や、製品アフターサービスなどを行なう予定。

これまでは日本ではトップウイングが輸入代理店として、ハイレゾプレーヤー「HM-650」やヘッドフォン「HE-560」などを発売していましたが、5月を持って代理店契約を終了していました。

HIFIMAN JAPANでは、これまでの取引先との互恵関係を維持するとともに、昨今のビジネス環境変化に対応するため新たなパートナーシップも模索し、展開すると説明。また、今後、フラッグシップヘッドフォン「HE1000」や「HE400S」などの新製品情報も随時発表するとしています。

http://www.hifiman.jp」と日本ドメインでの公式サイトも用意。今後の展開に期待しましょう。

引用元: ・HifiMAN総合スレ 2

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1406961040/ 【HIFIMAN JAPAN設立。ヘッドホンHE1000などを展開へ】の続きを読む


Japanese Yen Bills / Japanexperterna.se
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/12(金) 08:33:43.14 ID:chmIeAvMM.n
ナンボ出したらええねん

引用元: ・イヤホン(カナル型)に自信ニキ

http://tomcat.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1434065623/ 【カナル型イヤホンにナンボ出したらええねん】の続きを読む

引用元: ・SONY ウォークマン NW-A10 Part40

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1432681005/ 【ハイレゾ対応製品ってのは四妖拳使ってる天津飯】の続きを読む


音楽之友社は、フォステクス製の10cm径フルレンジスピーカーユニットを付録とした雑誌「Stereo 2015年8月号」を、7月18日に発売。価格は3,990円(税込)。

「Stereo」で恒例となっているスピーカーユニットの付録。今回はフォステクス製の「P1000-K」をベースに、素材や磁気回路などを変更した10cm径のフルレンジスピーカーユニット「P1000」2個が付録。

振動板のコーン紙は、バナナパルプをベースに2つの異なる物性に調整した木材パルプを混ぜることで、軽量ながら剛性と損失を確保。エッジはアップロール形状により高ストローク化を図り、布エッジにより高能率している。センターキャップにもコーン紙と同じ材料を使用し、音色の統一感を持たせたとしています。

また、ボイスコイルボビンと直結したメカニカル2Way構造により、高域の再生帯域を拡張。ボイスコイルボビンには高剛性のガラスコンポジット材を採用し、駆動力を正確にコーン紙とセンターキャップに伝達するとしています。

インピーダンスは8Ω、最低共振周波数は90Hz、再生周波数帯域はf0~16kHz、出力音圧レベルは88dB/w(1m)。実効振動半径は4cm。重量は303g、マグネット重量は103g。バッフル穴寸法は94mm径。標準エンクロージャー方式はバスレフ。

なお、同ユニットを取り付けられるエンクロージャの組み立てキットが付録のムック「Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集2015年版」も同日に発売。価格は4,860円(税込)。エンクロージャの型式はバックロードホーン型。素材はMDFで厚さは9mm。側板は5.5mm。

両方の付録を合わせて、フルレンジのステレオスピーカーを自作することができます。

「P1000K」(1600円/本)と付録のユニットの主な違いとしては下記の3点。

①「布アップロールエッジ」 (P1000Kは、高損失発泡ゴムエッジ)
「ゴム」に比べ軽量で音離れの良い「布」を採用。
②「マグネットの小型化」(120g→103g、直径65mm→60mm)
付録のP1000は、若干マグネットが小さい。それに伴いQ0も上昇。(0.53→0.8)
③「ガラスコンポジット・ボイスコイル・ボビン」


引用元: ・【LXA-OT1】ステレオ誌32冊目【LXA-OT3】

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1430609409/ 【「Stereo」8月号 付録は10cmスピーカーユニット FOSTEX P1000】の続きを読む

このページのトップヘ