音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


TheBIT_OPUS#2
e☆イヤホンは、韓国のオーディオメーカーThe BITのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーのハイエンドモデル「OPUS #2」を、12月17日から独占先行販売。販売価格は198,000円(税込)。
【The BIT OPUS #2 ES9018K2M×2基で約20万円のハイレゾDAP!OPUS #1との違い、比較は?】の続きを読む


バリュートレードは、サイバーエージェントが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、ERATOの3Dサラウンド対応・両耳完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」、完全ワイヤレスイヤホン「RIO3」を出展していました。愛好家の期待はMUSE5のほうですが、先に下位のRIO3が一般販売となりました。12月22日に発売。価格は14,880円。 【ERATO RIO3 スポーツ用完全ワイヤレスイヤホン!上位機は?】の続きを読む


ビックカメラは、ビックカメラオリジナルのハイレゾ対応ヘッドホン/イヤホンで日本のSATOLEXによる3モデルを12月16日に発売。価格はヘッドホンの「DH307-A1BK 美音」(ふみね)が9,980円、イヤホンの「DH0299-A1B 琴音」(ことね)、 「DH0299-A1R 天音」(あまね)が各4,980円。

ここではイヤホンをご紹介。琴音と天音はカラーが異なるだけで、基本的に同一内容。

筐体にはアルミニウムを採用。振動を抑え、クリアな音質と高品位な質感をもたらしています。ドライバーは9mm径のダイナミック型。再生周波数特性は20Hz~45kHzとハイレゾ対応をクリア。

感度は104dB/mW。ケーブルは1.2m。ケーブルやプラグを含む重量は11g。

SATOLEXは自社部品採用・自社設計・自社工場生産した国内生産モデルであることが特徴。

SATOLEXの既存モデル・Tubomi DH299-A1Si Hi-Res Earphoneとは実売価格がかなり違いますが(約9500円!)、どのように内容が違うのでしょうか?スペックも同じです。

内容もあまり変わらない、あるいは同一?ということであればかなりのお買い得。ただ、どういう意図なのか、モデル名が何とも言えません。シンプルなデザイン、カラーリングとマッチしていない印象のモデル名なのも不思議です。

とりあえず、これまでよりも幅広くSATOLEXのイヤホンを聴くチャンスが増える機会になるはずです。これまでTubomiに興味があったけれども試聴もできなかった人にも朗報ではないででしょうか? 【SATOLEX DH0299-A1R 天音 もしかしてかなりお買い得なハイレゾイヤホン!】の続きを読む

このページのトップヘ