音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


ラックスマンは、純A級プリメインアンプの新モデル、「L-550AXII」を4月下旬に発売。価格は36万円(税抜)。

プリメインアンプ「L-550AX」(2011年)の後継機。L-550AX発売後の上位機のL-590AXIIや900/700シリーズの技術をフィードバックしたリファインが随所に施されています。

具体的には、独自の増幅帰還回路ODNFの最新バージョン4.0の採用、プリアンプ部にはプリアンプ「C-900u」と同等のディスクリート構成によるバッファー回路を搭載、ボリューム部のLECUAも最新の「LECUA1000」を搭載、スピーカーリレーと端子のダイレクト配線でダンピングファクターを向上、電源部に防振対策を施すなど多岐にわたっています。

外見は、LED照明付き針式アナログメーター、各種コントロールノブは富士山型の形状でアルミ切削加工で作るなど、デザイン面、操作面では定評の雰囲気をそのまま継承。ただ、メーター部分に変化があります。

アンプ部はODNF(Only Distortion Negative Feedback)の最新バージョン、ODNFVer4.0搭載の3段ダーリントン・バイポーラ・パラレルプッシュプル構成。L-550AXは「ODNF3.0A」でした。純A級駆動で、定格出力は20W+20W (8Ω) はこれまでと同様。

ボリューム部も、独自技術のLECUAを引き続き採用。ここに最新の「LECUA1000」を搭載。88ステップという細かな音量調節が可能で、入力段にバッファー回路を追加したアンプ回路一体型・電子制御アッテネーターとなっています。

プリアンプの出力段にはフラグシップモデル「C-900u」と同等という、ディスクリートバッファー回路を搭載。

高レギュレーションの電源トランスと、大容量ブロックコンデンサー (10,000μF × 4本) を組み合わせたハイイナーシャ (高慣性) 電源を搭載するのは前作同様ですが、新たに振動対策を施しました。シャーシは前作同様に独立コンストラクションのループレスシャーシ構造で、シャーシ電流によるアース・インピーダンスの上昇を遮断しています。

接点をパラレル接続した大型スピーカーリレー、スピーカー端子のダイレクト配線、音声信号をスピーカーまで最適最短ルートで構成する新設計「ビーライン・コンストラクション」を採用することなどで、ダンピングファクターを160から200へ向上させました、

MM/MC対応のフォノアンプを内蔵したほか、ヘッドホン出力も装備。そのほかバス/トレブルのトーンコントロール、LECUAの音量シフト機能を使ったLRバランス調節機能、ラウドネス機能、プリ/パワー分離機能・セパレートスイッチなどを搭載。

入力には、バランス・ライン1系統のほか、ライン4系統とMM/MC切替のフォノ1系統を装備。録音入出力1系統とセパレート入出力1系統も備えています。また、スピーカー出力はA、B2系統を備えAB同時出力も可能。

外形寸法は440W×178H×454Dmm、質量は24.3kg。

ほとんど外見は変わっていませんし、機能やスペックも同じですが、地味に音質に効きそうな改善を積み重ねた印象です。とりあえず、家族に黙って前作から買い換えても気付かれにくいメリットはあります(気付いたらすごい?)。音は変わって(よくなって)いてもらわないと困りますが。


引用元: ・Luxman総合スレッド 41台目

http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/pav/1457823862/ 【LUXMAN L-550AXII 純A級プリメインアンプの新モデル!】の続きを読む

4

引用元: ・【巨匠】小澤征爾【復活】第20演目目

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1437601466/
886: 名無しの笛の踊り 2016/04/06(水) 14:55:39.49 ID:lHYght5d.net
デジタルコンサートホール

小澤征爾が2009年以来約7年ぶりにベルリン・フィルに登場!

https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/22406

【小澤征爾さん7年ぶり、ベルリン・フィルを指揮 「名誉団員」の称号も授与】の続きを読む

MONITORAUDIO_PL500II

ナスペックは、同社が取り扱う英MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)の新フラグシップ・スピーカーシステム「PLATINUM SERIES II」の国内発売を発表。

2007年に登場した旗艦モデル「PLATINUM」を約9年ぶりにフルモデルチェンジ。センタースピーカーやサブウーファーを含め全7モデルをラインナップ。

従来は3ウェイ・4スピーカー「PL300」が最上位でしたが、PLATINUM SERIES IIでは3ウェイ・7スピーカーのバーチカルツイン(仮想同軸)型「PL500 II」が最上位として新登場しました。

今回のモデルチェンジのポイントは、高域を受け持つMPD(マイクロ・プリーテッド・ダイアフラム)トランスデューサー。従来のPLATINUMシリーズで使われていたリボン型トランスデューサーに代わって採用されたものです。細かく折りたたんだ振動板を使った、いわゆるハイルドライバーの一種。ドーム型トゥイーターの8倍もの表面積を持つ超軽量プリーツ振動板を使い、60kHzまでフラットに、ピークのない再生が可能だとしています。

中域や低域を再生するドライバーも一新。RDT (リジッド・ダイラフラム・テクノロジー)IIドライバーと名付けられており、振動板には微細なハニカム構造を備えたNomex複合素材を使い、表側にはMONITOR AUDIO独自のC-CAM(セラミック・コーテッド・アルミニウム/マグネシウム合金)が、背面にはカーボンファイバーがコーティングされているもの。異なる素材の組み合わせによって固有の音色を排除し、軽量でありながら強固な構造が屈曲することなく、あらゆる信号に素早く反応できるとしています。

ボイスコイルなど駆動系も進化。大入力においても歪みを排除しています。クロスオーバー・ネットワークも新たに設計。シンプルながらもカスタム部品を多数投入する豪華なもの。全モデルのミッドレンジおよびウーファーユニットは、それぞれキャビネット背面から直結されたテンションロッド1本で固定する特殊な固定方法を、先代PLATINUMから踏襲し、不要共振対策を徹底。

MPDトランスデューサーはPLW215 II以外の全モデルで共通しており、ミッドレンジは100mm、ウーファーは165mmまたは200mmサイズが使われているなど、合理的な設計手法で、ハイエンドクラスの機種にしては価格を高額化させすぎない考え方はしっかりと維持しています。

小型2ウェイスピーカーの名機として名高いPL100や、評論家やオーディオ誌のリファレンスに使われていたPL200、300からどのように進化したのか、PL500Ⅱの実力はどのようなものなのか、注目されます。

PL500 II ¥3,200,000(ペア、税別、受注品)
●ユニット構成:3ウェイ7スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、
 100mmミッドレンジ×2、200mmウーファー×4
●インピーダンス:4Ω
●寸法/質量:W504×H1848×D626mm/99.1kg

PL300 II ¥1,600,000(ペア、税別)
●ユニット構成:3ウェイ4スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、
 100mmミッドレンジ、200mmウーファー×2
●インピーダンス:4Ω
●寸法/質量:W410×H1158×D470mm/54.52kg

PL200 II ¥1,100,000(ペア、税別)
●ユニット構成:3ウェイ4スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、
 100mmミッドレンジ、165mmウーファー×2
●インピーダンス:4Ω
●寸法/質量:W360×H1043×D375mm/36.08kg

PL100 II ¥680,000(ペア、税別)
●ユニット構成:2ウェイ2スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、165mmウーファー
●インピーダンス:6Ω
●寸法/質量:W225×H370×D285mm/14.94kg

PLC350 II ¥680,000(1本、税別)
●ユニット構成:3ウェイ4スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、
 100mmミッドレンジ、200mmウーファー×2
●インピーダンス:4Ω
●寸法/質量:W800×H288×D368mm/43.02kg

PLC150 II ¥450,000(1本、税別)
●ユニット構成:2ウェイ3スピーカー、バスレフ型
●使用ユニット:MPDトランスデューサー、
 165mmミッドレンジ、165mmウーファー
●インピーダンス:6Ω
●寸法/質量:W583×H225×D291.2mm/23.98kg

PLW215 II ¥700,000(1本、税別)
●型式:アンプ内蔵アクティブ、密閉型
●使用ユニット:380mm C-CAMウーファー×2
●寸法/質量:W504×H546.3×D512mm/57.54kg


引用元: ・☆ モニターオーディオ・monitor audio Part26 ★

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1440243125/ 【MONITOR AUDIO PL500 II ほかPLATINUM SERIES II登場。】の続きを読む


HA-MX100-Z ハイレゾ対応ヘッドフォン

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは、密閉型ヘッドホン「HA-MX100-Z」を3月17日に発売。価格は22,963円。

JVCケンウッドの音響技術を用いて、ビクタースタジオがプロデュースしたハイレゾ対応モニターヘッドホン。

密閉型モニターヘッドフォン「HA-MX10-B」の基本性能を継承しながら、バッフルボード部分に新開発のデュアル・クリアバスポート構造を採用するなど音質を高め、ハイレゾ音源の再生にも対応させた新モデル。

「HA-MX10-B」の再生周波数帯域は10Hz~28kHzの一方、HA-MX100-Zは10Hz~40kHzまでの再生が可能となって、新たにハイレゾ対応となったものです。

また、HA-MX10-Bでは、ユニットの背面に穴の空いた透明なチューブのような「クリアバスポート」を導入し、密閉型ヘッドホン特有の振動板の動きにくさの解消を行っていました。

HA-MX100-Zではさらに、振動板の前の部屋の背圧を、バッフル面に取り付けたチューブのようなパーツを通して背面にもってくる事で、より背圧のチューニングを細かくできるようにしたという「デュアル・クリアバスポート構造」を採用。振動板の動きもさらに最適化され、ハイレゾの高解像度サウンドも忠実に、繊細に再現できるとしています。

ユニットにも手を入れ、新たに高純度の日本製CCAWボイスコイルを採用。また、鉄のパーツ類の機械加工由来による機械的な歪みを原因にした音の濁りを、高熱をじっくりかけて元に戻すなど、パーツの歪みを低減させることで低減。コストをさほど上昇させない方法でもあり、高音質化の手法として注目されます。

ビクタースタジオ仕様によるエージングも施されており、開封してすぐに「安定したモニターが可能」としています。実際にビクタースタジオにも導入し、楽曲制作の現場で活用するとしています。モニターヘッドフォンとしてのコストパフォーマンスの維持も重視したという設計思想も、とかく高額になりがちな最近のヘッドホン市場において注目されます。

インピーダンスは56Ω。出力音圧レベルは107dB/1mW。最大許容入力は1,500mW。ケーブルは着脱できず、長さは2.5m。入力プラグはステレオミニの3極でAmphenol製。プラグからドライバユニットまでは4芯配線を使用。ケーブルを含まない重量は265g。

HA-MX10-B自体、価格を考えると非常にバランスのよい再生音が印象的でしたので、本機にも個人的には期待したいところです。実売価格がどれくらい下がるのかも気になります。

ただ、JVCケンウッドのヘッドホン自体、存在感が後退しているようなのは気がかりです。

引用元: ・JVC ヘッドホン・イヤホン Part16

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1447154819/ 【JVC HA-MX100-Z 期待の?ハイレゾ対応モニターヘッドホン】の続きを読む

このページのトップヘ