音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


DIATONE_DS-5000
生産完了オーディオ製品情報。DIATONE(ダイヤトーン) DS-5000 価格49.5万円(税別・一台) 発売1982年

低域に40cmコーン型ウーファーを搭載した4ウェイ・バスレフ型の大型フロア型スピーカー。中低域には25cmコーン型ミッドバスを搭載、中高域には6.5cmドーム型ミッドハイを搭載、高域には2.3cmドーム型ツィーターを搭載。

低域、中低域にはアラミッドハニカム振動板を採用。中高域振動板にはD.U.D.ボロン・ダイアフラムを採用。高域
振動板には中域同様にD.U.D.ボロンドーム・ダイアフラムを採用。さらにサスペンションに高分子ダンピングシートを芯材として繊維膜を両面に配したサンドイッチ3層構造とすることで高速応答性と過渡特性向上を実現。

バッフル板には良質のラワン合板の直交貼り合わせを施し、その他の部分にはカナダ産の針葉樹材2プライ・パーティクルボードを使用しています。また、バッフル板中央にはソリッド・ウォルナット材を埋め込んでいます。

入力端子はバイアンプ接続が可能。別売りで専用開発スタンドDK-5000がありました。

D.U.D.ボロン・ダイアフラムは剥離して使えなくなるリスクがあり、壊れてしまうことがあるピュアボロン振動板ともども、ダイヤトーンの中古品の扱いを難しくしています。もちろん現在ではメーカー修理はしていません。ウーハーのエッジのメンテナンスも必須でしょう。

CD登場年に出ましたが、当時にはオーバースペックの驚きのハイスペック。これが音に反映しているのかも気になります。

使用ユニット     低域用:40cmコーン型 中低域用:25cmコーン型
中高域用:6.5cmドーム型 高域用:2.3cmドーム型
定格インピーダンス     6Ω
再生周波数帯域     20Hz~60kHz
出力音圧レベル     93dB/W/m
クロスオーバー周波数     300Hz、1.25kHz、4kHz
外形寸法     幅635×高さ1,050×奥行460mm 重量     87kg
:DIATONE:スピーカー:P


引用元: ・◆◇ダイヤトーンユーザー♪ファン倶楽部 DS-04◇◆

【DIATONE DS-5000 1982年製ながら驚きのハイスペックスピーカー】の続きを読む

5
1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 11:46:13.37 ID:???*.net
アマゾンジャパンは11月18日、Amazonプライム会員向け音楽配信サービス「Prime Music」を始めた。
同会員は年会費(税込3900円)に追加料金なしに100万曲以上の楽曲が聴き放題になる。

洋楽のほか、AKB48、AI、GreeeeN、HY、MACO、angelaなど日本の人気アーティストの曲を含む
100万曲以上が聴き放題になる音楽配信サービス。
スマートフォン(iOS/Android)向けAmazon Musicアプリなどから利用できる。

プライム会員向けサービスでは、9月に動画見放題の「プライム・ビデオ」を提供しており、
同社のジャスパー・チャン社長は
「Amazonプライムがますます魅力的なプログラムになったことを大変うれしく思う」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000033-zdn_n-sci

Amazon「Prime Music」
no title

引用元: ・【音楽】 Amazon「Prime Music」日本でスタート プライム会員は100万曲以上が聴き放題

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447814773/ 【「Amazon Prime Music」開始、プライム会員なら100万曲以上が聴き放題】の続きを読む


ハーマンインターナショナルは、マークレビンソンのモノラル・パワーアンプ「No536」を12月下旬より発売。価格は1,700,000円(1台・税抜)。

本機は今年1月のCESにて披露されたモデルで、先日開催された大阪ハイエンドオーディオショウでもデモが行われていた機種。

マーケティングディレクターのジム・ギャレット氏は、「No.536は、MARK LEVINSONの長い歴史的技術を継承し、究極のパフォーマンスを持つプロダクトとして音楽ファンとオーディオファイルに向けて届けたい」と語っています。

AB級アンプによるモノラル・パワーアンプで、独自のフルバランス・オペレーション技術をベースに、各回路の見直しを行った上で、最新パーツの投入を行ったとしています。伝統のフルバランス設計を採用。本機ではバランス入力は直接そのままの形で処理し、アンバランス入力は入力段でバランスに変換され、伝送・増幅されます。定格出力は400W(8Ω)/800W(4Ω)。入力から出力までをフルディスクリート構成およびディファレンシャル・シグナルパスとして、入力から出力までを一貫してシンメトリーとしたミラー対称設計を採用。また、低歪みと広帯域再現を実現するハイリニアリティ、ローフィードバック設計を用いたことも特徴。多数の出力デバイスをパラレル接続で使用することで、個々のデバイスにかかる電流負荷を軽減し、フィードバックを多用することなくクロスオーバーディストーションを低く抑えることができるという設計を踏襲しているものと思われます。

電圧ゲインとドライバー・ステージはA級で作動。また、シグナルパス内にキャパシターを使用しない直結式。電源部には、ローノイズ仕様としたカスタムデザインの1800VAトロイダルトランスを搭載。また低ノイズ、ハイスピード・ディスクリート・ショットキー整流器や、マルチプル・パラレルド・フィルターキャパシターを採用した大電流リニア電源も装備。

入力はXLR/RCAを1系統ずつ搭載。スピーカー端子は2系統を搭載し、バイワイヤ接続に対応。ハリケーンタイプ端子を採用。

周波数特性は10Hz~20kHz(+/-0.5dB)、S/Nは85dB以上、入力インピーダンスは60kΩ(バランス)/30kΩ(アンバランス)、電圧ゲインは25.5dB、入力感度は2.83V(@8Ω定格出力時)。

消費電力は1500W(8Ω定格出力時)、外形寸法は451W×194H×504Dmm、質量は45.4kg。

「No.53」(2008年・ペア360万円)以来のモノパワー。ただ、デジタルパワーアンプ技術「Interleaved Power Technology」(IPT)を搭載していたので、本機とは方式が違うので、全くの別系統モデルです。

引用元: ・マークレビンソン】Mark Levinson,Cello,Viola 5【ヴィオラ

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1268751163/ 【Mark Levinson No.536 モノパワーの新作 ペア340万円!】の続きを読む

5
ORTMastering_logo
日本コロムビアは、倍音再構築技術「ORT」を開発したと発表しました。16/44.1マスターなどで高域成分の不足を補完して追加するハイレゾ化技術。

DENONのクラシック名盤に使用して、ハイレゾ配信するとしています。16/44.1マスター時代のDENONクラシックの名盤といえば、インバル指揮のマーラー・交響曲全集がやはり思い浮かびます。とくに第4番の録音は、純粋ワンポイント録音の名録音として、現在でも有名です。今回も配信第一弾としてラインナップ。

一方で、あの名録音に手を加えてしまうとどうなってしまうのか、不安もありますが…。

823: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/17(火) 17:40:58.17 ID:UuK/bw+2G
日本コロムビア、倍音再構築技術「ORT」開発。DENON Classicの名盤などをハイレゾ化
http://www.phileweb.com/news/audio/201511/17/16640.html

日本コロムビアは、アナログ/デジタル変換時に失われた高域成分を再構築する技術
「Overtone Reconstruction Technology(ORT)」を開発。

PCM録音初期にCD相当のスペックでレコーディングされた名盤を、
ORTマスタリングを使うことでハイレゾ化してリリースすることを狙う。

842: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/17(火) 23:40:15.86 ID:Yq8vmN97.net
日本コロムビアは、アナログ信号をデジタルに変換した際に失われた高域成分を、再構築する「Overtone Reconstruction Technology(ORT)」技術を開発。
これを用いた「ORTマスタリング」の第一弾としてDENON Classicレーベルの名盤を「DENON Classic ORT Masteringシリーズ」として復刻。12月16日からe-onkyo musicにて、ハイレゾ配信を開始する。


「44.1kHz/16bitなどのマスターで、良い録音なのにハイレゾとして出せないものが多く、忸怩たるものがあった。 一方で、我々は倍音の再構築を機械的に行なうのではなく、録音状態やホールの響きなどに合わせ、人の手でパラメータを変える必要があると考えていたため、慎重になっていた。今回はその技術を煮詰め、皆様に発表できるものができたと考えている」と説明。

引用元: ・ハイレゾで本当に音は良くなるのか?★35

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1445949169/ 【日本コロムビア、倍音再構築技術「ORT」開発。DENON Classicのマーラーの名盤などをハイレゾ化】の続きを読む

このページのトップヘ