音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


5

クラシック音楽の名曲の名盤、ハイレゾ音源配信情報をお届け。シューマン クライスレリアーナ 作品16(ピアノ独奏曲)編。

この曲の名盤と言えば、ホロヴィッツの1969年盤、アルゲリッチのDG盤(1983年)が双璧と言われています。子供の情景と全く同じ。

シューマンの有名曲ですから著名ピアニストはこぞって録音しています。アシュケナージ、ブレンデルも録音がありますし、定評もありますが、嫌いな人も結構いるようです。ステレオ初期のルービンシュタインはホロヴィッツやアルゲリッチとは異なるベクトルの演奏として持っておきたい印象です。

他にもケンプ、ルプー、内田光子などいろいろありますが、やはり最初の2枚のインパクトが大きいと言わざるを得ません。ハイレゾ録音期以降、これという録音がないのも残念です。ポリーニが2001年に録音しましたが、1980年代のような凄みが感じられず、正直どうなのでしょうという感じです。と思ったらアシュケナージが2001年にハイレゾで再録音していますね。ただ、技巧的な衰えが見られるとなると演奏的にはデッカのほうでしょうか…。

ロベルト・シューマン
「クライスレリアーナ」(Kreisleriana)
 第1曲 Ausserst bewegt(Agitatissimo)
 第2曲 Sehr innig und nicht zu rasch(Con molta espressione,non troppo presto)
 第3曲 Sehr aufgeregt(Molto agitato)
 第4曲 Sehr langsam(Lento assai)
 第5曲 Sehr lebhaft(Vivace assai)
 第6曲 Sehr langsam(Lento assai)
 第7曲 Sehr rasch(Molto presto)
 第8曲 Schnell und spielend(Vivace e scherzando)



引用元: ・【フロレスタン】シューマン生誕200年【オイゼビウス】

http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1267278155/ 【シューマン クライスレリアーナ 名盤は? ハイレゾ配信情報も!】の続きを読む

i-dio_

地上アナログ放送停波で空いた周波数帯域を使って行われる新放送サービス「i-dio(アイディオ)」が、7月1日よりグランドオープン。

3月から福岡、大阪、東京の3都市でサービスインしていましたが、正式オープンを迎えました。

インターネットでのサイマル配信も開始したほか、受信チューナーの無料配布第3期の応募受付も開始。Wi-Fiチューナーの無料モニターは8月末が応募締め切り。サービスを受信できる福岡、東京、大阪、東海の一部で合計2万人にチューナーを無料配布します。

インターネット受信モードを利用すれば、i-dio受信用のチューナー不要でサービスを聴取可能。インターネット経由の受信であっても、放送波と同じ高音質のデジタル放送を楽しめます。

ラジオ型の音声チャンネル5つと、動画を放送する映像1チャンネルの合計6つのチャンネルでサービスをスタート。そのうちのひとつ、TOKYO SMARTCASTによる「TS ONE」では、既存のラジオやradiko.jpのようなIPサイマルラジオよりも高音質のAAC/320kbpsでの放送を行い、2017年にはハイレゾ相当の96kHz/24bit音源にも対応する予定です。オーディオ的な面での注目点はここにつきますが、その前に一般に認知され普及するのかが課題です。そもそも放送を行う側にやる気があるのかも重要です。

引用元: ・V-Lowマルチメディア放送「i-dio」 Part5

http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/am/1463216115/ 【「i-dio」3地域にて正式オープン。ネットでのサイマル配信開始 チューナーの無料モニターも2万名追加募集】の続きを読む

ESOTERIC_SA-10


既発売オーディオ製品情報。ESOTERIC SA-10 SACDプレーヤー 32万円(税別)で発売2007年。

エソテリックブランド20周年記念モデル。プリメインアンプの「AI-10」と同時に発売。

SACDと音楽CDの再生に対応。シンプルでスタイリッシュな外観デザインは従来のエソテリックらしくなく、異彩を放ちます。アルミボディの自照式リモコンも付属。

ドライブ部は、ESOTERIC独自のVOSP(Vertically aligned optical stability platform)メカニズムを搭載。高性能軸摺動型ピックアップを搭載。レンズを移動させた際もレーザー光源が絶えず垂直方向を維持するので、高精度な信号読み取りを実現しているとしています。

DACはシーラスロジックの192kHz/24bitト/DSDネイティブ変換対応「CS4398」を2基搭載。電源部には大型トロイダルトランスを搭載。筐体は、フロント、天板と側板にもアルミ材を採用。天板は5mm厚、側板は4mm厚とすることで振動を抑えています。また、天板と側板にはビスが使われていないのも特徴。

音声出力はアナログ音声×2(XLA×1、RCA×1)と光デジタル×1、同軸デジタル×1。オプションでi-Linkを増設でき、SACDマルチチャンネル出力をデジタルで行うことができました。ワードシンク入力(BNC)も備え、外部からのWORDクロックに同期可能。入力周波数は44.1/88.2/100/176kHz。

USBを含むデジタル入力がないのが残念。本体が故障して、修理も不可能になったらDACとして使うこともできません。置き物としてのデザインに惹かれるなら関係ありません?

引用元: ・【VRDS】TEAC ESOTERIC総合スレ 11【NEO】

http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1381909710/ 【ESOTERIC SA-10 中古で買う?】の続きを読む


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:14:31.566 ID:k2uNWbGm0
no title

これはかなり便利

引用元: ・Bluetoothイヤホン捗り過ぎワロタ [\(^o^)/]©2ch.net

http://vipper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1466860471/ 【オンキヨー E300BT シビアな音ゲーはやめといた方がいいかも】の続きを読む

このページのトップヘ