音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


ホームシアター対応オーディオ・ビジュアル製品情報。

アイ・オー・データ機器は、4K/60Hzに対応した40型の液晶ディスプレイ「LCD-M4K401XVB」と、同じく4K対応で28型の「LCD-M4K282XB」を12月下旬より発売。価格はともにオープンで、40型の「LCD-M4K401XVB」は99,360円前後、28型の「LCD-M4K282XB」は64,584円前後での実売が予想。

ともに3,840×2,160の4K解像度表示に対応。従来モデルではHDMI端子で4K/30Hzまでしか表示することができなかったが、本モデルはHDMI2.0/HDCP2.2対応で4K/60Hz出力可能のHDMI端子、およびDisplayPortを1系統ずつ搭載。

40型の「LCD-M4K401XVB」はVAパネルを採用し、上下左右178度の広視野角を実現。また、5000:1の高いコントラスト比を確保。

PinPやPoP表示にも対応。例えば親画面でゲームしながら小画面でテレビ視聴、フルHD画面を左右半分に2画面分表示するなどといった使い方もできます。また、超解像技術も搭載。好みや映像コンテンツにあわせて5段階に調整できます。

画面の応答速度を向上させる「オーバードライブ機能」も搭載。また、5段階で適用レベルを調整可能なブルーライト低減機能「ブルーリダクション」も装備。

HDMIは4K/60Hz対応の1系統のほか2系統の合計3系統を装備。うち1系統はMHLにも対応。また、外部機器への給電が可能なUSB 3.0A対応端子も装備し、スティック型パソコンなどと組み合わせても利用できます。

スライド式のヘッドホン置き場も装備しているのも特徴。

引用元: ・4K・5K液晶モニタスレッド Vol.26

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/hard/1448208142/ 【アイ・オー・データ LCD-M4K401XVB 4K/60Hz対応の40型液晶ディスプレイヘッドホン置き場も装備!】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 11:52:00.36 0.net
「iPhone 7」ではヘッドフォン端子を廃止か ー 薄型化のため

本日、Macお宝鑑定団Blogが、信頼出来る情報筋の話として、次期iPhoneこと「iPhone 7」では
ヘッドホン端子が廃止されるかもしれないと報じています。

「iPhone 7」は、「iPhone 6s/6s Plus」と比べディスプレイサイズやガラスのR形状などに 変更はないものの、1㎜以上薄くなる可能性が高いとのこと。

Appleはその薄型化の為にヘッドホン端子を廃止する方針で、同梱される「Ear Pods」は Lightningコネクタ形式に変更され、既存のヘッドフォンなどはLightning変換アダプタや変換ケーブルなどを用意する事で接続可能になるものとみられています。

http://taisy0.com/2015/11/28/61577.html

Macお宝鑑定団Blog
次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止?
http://www.macotakara.jp/blog/rumor/entry-28639.html

引用元: ・iPhone7、ヘッドホン端子を廃止で史上最高の薄型化 革新的なLightningコネクタ形式に変更、特殊な変換アダプタ必須に

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/ 【iPhone7、ヘッドホン端子を廃止へ Lightningコネクタ形式に変更、変換アダプター必須に】の続きを読む


ナスペックは、Cambridge Audioのネットワークプレーヤー「CXN」を11月25日に発売。オープン価格で、15万円前後での販売が予想。カラーはシルバーとブラックの2色。

USB-DAC機能も備えたネットワークオーディオプレーヤー。AirPlayやインターネットラジオにも対応。

最大2.8MHz DSDおよび192kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/ALAC/AIFF)に対応。DACにはWolfsonの「WM8740」を2基搭載し、差動モードで駆動。ジッターノイズを低減しているとしています。また、Cambridge Audio独自の高音質アップサンプリングシステム「ATF2 upsampling」を備え、MP3などをアップサンプリング可能。

入力端子には光デジタル/同軸デジタル端子を各1系統用意。USB tyepA端子を2系統、USB tyepB端子を1系統搭載。USB tyepA端子はフロントと背面に1系統ずつ。USBメモリーの再生や、別売のBluetoothレシーバー「BT100」を接続して、ワイヤレス再生(aptX対応)も可能。出力端子には、光デジタル/同軸デジタル端子を各1系統、RCA1系統、XLR1系統装備。

また、デジタル入力専用プリアンプとしても使用可能。ボリュームコントロールはBlackfin DSPによりデジタルで行われる。ボリュームを絞った際もデータのビット落ちを防ぎ、音質をキープするという触れ込み。

筐体は高剛性メタルシャーシ。フロントパネルには日本語表示対応のカラーディスプレイを備えます。

外形寸法は430W×85H×305Dmm、質量は4.0kg。

英国メーカーながら、日本メーカー製と対等に渡り合えるコストパフォーマンスを備えたメーカーという定評のあるCambridge Audioからの新製品。今回も機能をうまく合理的に選別、搭載することでコストパフォーマンスの高さを感じさせます。

引用元: ・ネットワークプレーヤー総合22

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1443274939/ 【Cambridge Audio CXN DSD対応ネットワークプレーヤー/プリアンプ】の続きを読む


ミックスウェーブは、米Campfire Audioのイヤホン2機種を11月27日に発売。価格はいずれもオープン。店頭予想価格は、「JUPITER(ジュピター)」が114,500円、「ORION(オリオン)」が38,700円。

ここでは上位の「JUPITER(ジュピター)」を紹介。Campfire Audioは、ALO audioのCEOであるKen Ball氏が立ち上げたイヤホン/ヘッドホンメーカー。ハンドメイドで、米オレゴン州ポートランドで作られているのも特徴。

JUPITERは、4基のバランスド・アーマチュアユニットを搭載したイヤホン。構成は低域用×2基、高域用×2基の2ウェイ。

音導管を使わないチューブレス設計が特徴。チューブを使わない事で周波数特性の変化や、 フィルターを使わないことによる高周波域の劣化を防ぎ、高周波域のレスポンスを向上させるとしています。同社ではこの設計を「Resonator assembly(レゾネーター・アセンブリー)」と名付けています。これまでの「チューブを使用した音響設計」に取って代わる設計技術とアピール。

これにより、周波数特性をより正確に再現。高域の歪を抑え、明瞭感ある高域が得られ、中域(ボーカル領域)の表現もより開放的でリアルになるとしています。

筐体はアルミ削り出しを採用。アルマイト加工処理を施したアルミニウム製。人間工学に基づいた設計を投入することで耳へのフィット性を高めているとしています。

ケーブルは着脱でき、イヤフォン側端子にはベリリウム銅で加工されたMMCX端子を使っています。製品には、スタンダードな3.5mmステレオミニケーブルとAstell&Kernの対応モデルと接続する事でバランス駆動ができる2.5mm 4極端子仕様のALO audioとして生産している「Tinsel Earphone Cable」を付属。

重量は23g。イヤーピースはシリコン、フォーム、Comply Tx-400を同梱。

“チューブレス設計”が売りのようですが、BAドライバー4基でこの価格は高いようにも思えます。

なお、ORIONは、バランスド・アーマチュアドライバーを1基搭載するシングルドライバー構成で、チューブレス設計は採用していません。筐体はアルマイト加工を施したアルミニウム製。リケーブルにも対応しています。

引用元: ・【50,000~】高級イヤホン専用スレPart12

【Campfire Audio JUPITER “チューブレス設計”の4基BAイヤホン!】の続きを読む

このページのトップヘ