音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!



ヤマハは、プロ向けのスタジオモニターヘッドフォン「HPH-MT7」を11月下旬に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は2万円前後。

プロ向けモニターヘッドフォン「HPH-MTシリーズ」の新モデル。「HPH-MT」シリーズは、2013 年に発売以来、プロから高い支持を得ています。スタジオでのレコーディング、ミキシング時のモニタリング、ライブ時のモニタリングまで幅広く対応できるとしています。

・HPH-MT120 ¥14,800
・HPH-MT7  ¥21,600⇒本機
・HPH-MT220 ¥24,800

形式はダイナミック密閉型のアラウンドイヤータイプ。ドライバ-は「HPH-MT220」と同様に、CCAWボイスコイルとネオジムマグネットを採用した40mm径のカスタムドライバ-を採用。伝導性に優れる銅をアルミニウム線にコーティングした軽量なボイスコイル設計で、15Hz~25kHzの広再生帯域を実現。「ワイドレンジでフラットかつ定位感に優れたサウンド」になっているとしています。ハウジングやアームなどの共振も徹底的に排除。「サウンドの精度を極限まで高めるよう設計した」としています。

ハウジングには高い堅牢性の肉厚ABS、アームにはアルミダイキャスト、ヘッドバンドには汗に強い素材を採用。高耐久性を追求。

長時間装着時の疲労軽減や快適性を追求。イヤーパッドには肌触りの良い合成レザーとフィット感の高い大型のイヤーパッドを採用。ハウジングは可動式で、片耳モニターも可能。3次元のアームピボット構造と長さ調節が可能なスライダーを組み合わせ、綿密なアングル調整ができます。

インピーダンスは49Ω。出力音圧レベル(1kHz)は99dB/mW。 最大入力1,600mW。重量は360g。

ケーブルは3mのストレートケーブル。入力端子はステレオミニで、標準プラグへの変換アダプタを同梱。

プロ向けですが、ヤマハのPAなどを扱っている一部の楽器店で一般ユーザーも購入できるとしています。

プロ用のモニターヘッドホンでフラット的な音のようにアピールされているようですが、各種の試聴レポートによると、高域優勢のバランスであるように見受けられます。リスニング用としても面白いかもしれません。

引用元: ・【YAMAHA】 ヤマハのヘッドホン・イヤホン

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1378556737/ 【YAMAHA HPH-MT7 カスタムドライバー採用のモニターヘッドホン】の続きを読む

4

お買い得CD情報。クラシックBox-set

イーゴリ・マルケヴィチ・コレクション1952~64(33CD)
Igor Markeviych The Collection

個性派名指揮者マルケヴィチがモノラル後期からステレオ初期にかけて録音した音源を集めたボックス。ヴェニアス・レーベル。

今回のセットは、DGとPHILIPSの録音を中心に、ライヴ録音も交えた構成。オケはラムルー管弦楽団とベルリン・フィルがメイン。

マルケヴィチの師でもあるナディア・ブーランジェの実の妹で、女性としては史上初めてローマ大賞を受賞しながら若くして亡くなったリリ・ブーランジェの作品集がステレオで録音されているのは貴重でしょう。

現段階では廃盤になっていて簡単に入手出来ない録音もかなり含まれている様です。まあ、そうでしょうけど…。

EMIへの録音を集成したボックス、マルケヴィチEMI録音全集(18CD)も最近出ていました。

引用元: ・【鬼才】マルケヴィチを語れ

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1221520154/ 【イーゴリ・マルケヴィチ・コレクション1952~64(33CD)】の続きを読む

TEAC_pd301_
ティアックは、CDプレーヤー「PD-301」を12月上旬に発売。価格はオープンで、42,000円前後での販売が予想。カラーは、シルバーとブラックの2色をラインナップ。

幅215mmのコンパクトなボディが特徴の“Reference301シリーズ”の新モデルとして登場。“Reference 301シリーズ”製品と組み合わせての使用も想定したモデル。同シリーズのプリメインアンプ「AI-301DA」やUSB-DAC「UD-301」などのデジタル入力対応機器と接続し、CDトランスポートとして使用することを想定。もちろん単品コンポとして使えます。

CDプレーヤー/ワイドFM対応チューナー/USBメモリー再生機能を集約させたCDプレーヤー。筐体はアルミ製のフルメタルシャーシを採用することで、制振性を高めたとしています。

CD部の再生可能メディアはCDとCD-ROM/-R/-RWで、オーディオCDのほかに、48kHz/16bitまでのWMA/MP3の各フォーマットに対応。TEACといえばVRDSメカですが、ここではのCDドライブには、業務用機にも採用されているコンパクトなスロットイン式高精度CDドライブメカニズムを採用。DACには、TI製DAC BurrBrown(バーブラウン) PCM5142を採用。

フロント部にはUSB端子を備え、USBメモリーに保存された48kHz/16bitまでのWAV/AAC/WMA/MP3音楽ファイルの再生に対応。

また、AMラジオ番組をFM放送の周波数帯で放送する「ワイドFM」に対応したFMチューナーを搭載。なお、放送局は最大20局までプリセットすることができ、設定後は付属のリモコンで放送局の切り替えが可能。

アナログ出力のほか、同軸/光デジタル出力端子を各1系統ずつ装備。また、FMラジオ番組のデジタル出力にも対応。

周波数特性は20Hz~20kHz、S/N比は113dB、本体サイズは215W×61H×232Dmm(突起部含む)、質量は2.1kg。

FMラジオ番組のデジタル出力に対応しているのは珍しい点です。だいいちCDプレーヤーなのにチューナーを搭載していること自体珍しいです。シリーズのプリメインアンプ「AI-301DA」やUSB-DAC「UD-301」とデジタル出力で組み合わせたうえで、FMも聴けるようにする狙いがあるためでしょう。

本機のチューナーを使えば、外部DACにつないでFMを楽しむことができるというのはいずれにしても面白い機能だと思います。

USB端子からのファイル再生はハイレゾにも対応して欲しかったところです。そうすれば単体機としての魅力がもっと高まったと思います。


引用元: ・【VRDS】TEAC ESOTERIC総合スレ 12【NEO】

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1422120618/ 【TEAC PD-301 ワイドFMチューナーを搭載したCDプレーヤー!】の続きを読む

ホームシアター対応オーディオ・ビジュアル製品情報。
1: 海江田三郎 ★ 2015/11/20(金) 18:09:05.17 ID:???.net
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151120_731641.html

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、55型でフルHD解像度の有機ELテレビ「55EG9100」を11月26日に発売する。 価格はオープンプライス。店頭予想価格は348,000円前後。

 有機ELテレビ「LG OLED TV」の新機種。6月より発売した「55EC9310」シリーズに続くフルHDモデルで、 自発光の有機ELパネルによる深い黒の再現や、WRGB方式による色彩表現、映像の応答速度など特徴は継承。 曲面型のパネルを採用している。視野角は178度。

 新たに、搭載するWebOSをバージョン2.0へアップデート。YouTubeやSNSなどのオンラインサービスと、 放送中番組への切り替えがスムーズにできる点などを特徴としている。一方、HDMI端子は55EC9310の4系統から、 55EG9100では3系統に削減したほか、MHLにも非対応となった。
 CINEMA 3Dや2D-3D変換、デュアルプレイなどの3D機能を装備。チューナは地上/BS/110度CSデジタル×2で、 別売USB HDDへの番組録画に対応する。内蔵スピーカーの最大出力は10W×2ch。なお、55EC9310に搭載していた ヘッドフォン出力は、55EG9100では省かれている。
 HDMIのほか、コンポーネント/コンポジット映像入力×各1、光デジタル音声出力×1などを装備。
Ethernetや無線LANも内蔵する。放送通信連携のハイブリッドキャスト(Hybridcast)に対応するほか、 スマートフォン画面などをテレビに映せるMiracastにも対応する。USBは3系統装備。
 消費電力は320W(待機時0.3W)、年間消費電力量は122kWh/年。スタンドを含む外形寸法と重量は 122.5×20.8×76cm(幅×奥行き×高さ)、15kg。マジックリモコンや標準リモコン、3Dメガネ×2などが付属する。

引用元: ・【家電】LG、55型フルHDの有機ELテレビを発売 価格は35万円

【LG 55EG9100 55型でフルHDの有機ELテレビ!】の続きを読む

このページのトップヘ