音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


Mpow+T5




1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの注目モデルをご紹介。中国・Mpowが本国で発売している「T5」。まだ国内アマゾンでの取り扱いはありませんが、本国で約5千円で購入可能なリーズナブルモデル。

国内でもこれくらいの価格の完全ワイヤレスイヤホンは今やたくさんありますが、本機はそれらとは一線を画す内容です。


【Mpow T5 約5,000円でQCC3026搭載の完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む

Sonetto

ノアは、ソナス・ファベールのスピーカー「Sonetto」シリーズに、新たに4機種を追加し、2月21日より発売。価格は、フロア型「Sonetto V」が66万円(ペア)、ブックシェルフ「Sonetto II」が28万4,000円(同)。また、既存のセンタースピーカー(Sonetto Center I)を大型化した「Sonetto Center II」(29万円)と、壁掛けスピーカー「Sonetto Wall」(1本148,000円)も追加。

仕上げはウォルナット突板仕上げのウッド、ピアノブラック、マット・ホワイトの3種類から選べます。

リュート型のキャビネットデザインが特徴のシリーズ。ツイーターはいずれも29mm径で、DKM製のシルクソフトドームとリングラジエーターの特性を融合したという独自の「アロー・ポイントDAD」を採用。ミッドレンジユニットはケナフやカポック、セルロースなどの異種繊維をブレンドした軽量・高剛性の振動板を使用しているのもシリーズ共通の特徴。

ソネットシリーズについては先行モデルも含めてこちらで紹介済みです。

「Sonetto V」は3ウェイ4ユニット構成のフロア型。29mm径アロー・ポイントDADツイーターと150mm径ミッドレンジユニットを各1基、180mm径ウーファーを2基搭載。

クロスオーバー周波数は235Hz、3kHz。全体の再生周波数帯域は38Hz~25kHz。インピーダンスは4Ωで、出力音圧レベルは90dB SPL(2.83V/1m)。外形寸法は350×409×1,063mm(幅×奥行き×高さ)、重量は23.8kg。

「Sonetto II」は2ウェイ2ユニットのブックシェルフ型。29mm径ツイータと165mm径ユニットを各1基搭載。クロスオーバー周波数は2.65kHz。再生周波数帯域は42Hz~25kHz。インピーダンスは4Ω、出力音圧レベルは87dB SPL(2.83V/1m)。外形寸法は250×336×397mm(幅×奥行き×高さ)、重量は8.4kg。アルミ合金製スタンドは別売り。

【Sonus faber Sonetto II などソネットシリーズに4機種追加!】の続きを読む



SUNVALLEY JAPANは、TaoTronicsブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Duo Free TT-BH062」を、e☆イヤホンで2月16日に先行販売。価格は8,510円(税込)。

ベストセラーワイヤレスイヤホン「TT-BH07」の開発チームと、日本市場を含めたオーディオ市場を研究している専門のチームが集結し、Duo Freeを開発したという触れ込み。

形状のデザインでは、人の耳の形に合わせたカスタムIEMシェイプの筐体を採用。高い装着安定性を誇り、長時間でも快適に使用できるといます。「繊細で洗練されたサウンドを求める日本のユーザーにも好まれるよう、クリアでフラットなサウンドチューニングを採用」したとしています。

Bluetooth 5.0に準拠。対応コーデックはSBC。ダイナミック型ドライバーを搭載。IPX4の防水性能も備えています。イヤホンの側面にタッチセンサーを搭載。曲移動や音量調整、着信や通話への対応なども可能。重量は片耳5.2g。

収納ケースの外装にはレザーを採用。本体のみでの再生時間は最大3時間、ケースでの充電併用で16.5時間の再生が可能。収納ケースを開けるだけで自動的にイヤホンの電源がオンとなり、対象デバイスと接続します。

現在新発売する完全ワイヤレスイヤホンとしては、価格を考慮しても特に際立ったものはありません。アマゾンには新チップのQCC3026を採用しながら本機よりも安いモデルも出ているほど。ただ、タオトロニクスは比較的信頼性が高いメーカーでしょうし、販売店のアフターサービスも期待できるのでしょうから、TWSイヤホン初心者にはいいものかもしれません。売る方もTWSイヤホンの製品サイクルの速さに対応し切れていないのかもしれません。




【TaoTronics Duo Free e☆イヤホン先行発売の完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む


ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドのヘッドホン3機種を新発売。全てオープン価格。発売時期と実売予想価格は、ノイズキャンセリング(NC)機能搭載でワイヤレス対応の「AH-GC30」が3月下旬で36,750円前後、NC対応で有線タイプの「AH-GC25NC」は4月下旬で27,750円前後、ワイヤレスでNC非対応の「AH-GC25W」は5月下旬で23,750円前後。いずれもホワイトとブラックを用意。

ここでは「AH-GC30」をご紹介。「AH-GC20」の後継モデル。
【DENON AH-GC30 新NC/BTヘッドホン!AH-GC20後継機!】の続きを読む

このページのトップヘ